記事

米国一線級ベンチャーキャピタリスト達による業界への提言

1/2

ベンチャーキャピタル(以下「VC」)業界は今、大きな転換期にある。

伝統的なVCのパフォーマンスが芳しくない、アクセラレータやクラウドファンディングなど新業態が台頭するなど、VC業界は大きく様変わりしつつある。

- VC is dead -  そんな過激なキャッチフレーズをもってして、VC業界が対峙している大きな変化と今後の展望についてVC同士が議論する事を目的としたカンファレンス、それが「Pre Money プリ・マネー」である。

米国有力アクセラレータの一角である500 Startupsの主催により、6月27日に爽やかな初夏の青空のもとサンフランシスコで開催されたPre Moneyに筆者が参加してきた様子を下記にまとめた。

リンク先を見る

数百名のVC業界関係者が出席する会場の様子 (以下写真は全て筆者撮影)

Paul Graham Co-Founder & Partner, Y Combinator

登壇者のトップバッターは、もはや業界でその名を知らぬものはないであろうシードアクセラレータ 「Y Combinator」 を率いるポールグレアムだ。

既に500社を超える投資を実行済みで、その保有株式時価総額は110億円ドル(約1兆円)を超えるという、まさに世界最高峰アクセラレータといって言い過ぎにはならないだろう。

リンク先を見る

彼もVC業界が変化している事を認めつつ、次のような議論を展開した。

今、スタートアップ業界には二つの大きな「力学」が働いている。

第一に、スタートアップの「数」の激増

第二に、その「コスト」の劇的な低下

である。

私が最初のスタートアップを創業した1986年頃には、大学を卒業する若者の選択肢は二つしかなかった。

「就職するか、大学院に行くか」

の二択である。 しかし今は、「スタートアップを始める」 という選択肢が現実的に存在する。

実際、その結果スタートアップの数は劇的に増えている。なぜか? スタートアップのコストが安いからだ。

サーバ代や開発期間(つまりその間に要する人月コスト)が、劇的に小さくなっている。

それが本質的に意味するところは何か? 「失敗のコスト」が安くなった、という点である。

大学を卒業した22歳が起業して失敗したとしても、単に無職の23歳になるだけの話である。

また就職すればいいし、失うものなど無きに等しい。

これはこの10年、20年ほどの間に起きた、劇的な変化である。

そのうえでグレアムは、VCやエンジェル投資家なども含めたスタートアップインベスターの今後について次のような示唆を口にした。

このように劇的な変化のもとでは、投資家も変わらなければならない。

投資家同士の競争も厳しい。しかしオポチュニティもある。その答えは、ファウンダーがインベスターに対してしばしば抱く、不満の中にある。その不満とは、

第一に、意思決定の遅さ

第二に、たくさんシェアを取られ過ぎる事

である。これらは起業家たちが、インベスターを評する際に、極めて頻繁に聞かれる不満である。

ここにこそ、答えがある。

グレアムのこの言葉は、会場にいるVCたちに強く突き刺さった。

我々VCはいつも起業家に「顧客の問題を解決せよ」 、そう説いている。

しかし我々VCこそ、「起業家の抱える問題」を、解決せんと努めているだろうか?

なお、上記は本セッションで語られた内容のごく一部に過ぎないが、素晴らしい事に、カンファレンスの数日後にスピーチ原稿の全文がグレアムのブログに掲載された。VC業界関係者は必読の内容といって良いだろう。

Mark Suster, Partner, Upfront Ventures

このところスタートアップが活況を呈しているロサンゼルスを拠点とする有力VC、アップフロントベンチャーズのパートナー、マークサスターも、グレアムの議論に同意しつつ、より具体的なデータで 「スタートアップのコストはこの数十年で99%安くなった」と喝破した。

つまり、スタートアップ側が多くの金を必要としない、一方でVCの競争環境は激化している。

ではこれはVCの危機か? これに対してサスターは以下の理由において楽観論を示した。

第一に、インターネット利用者数の増加

第二に、インターネットスピードがさらに速くなっている事

これらに加え、シリコンバレー以外の地域にスタートアップが広がっている事も踏まえ、スタートアップの市場がまだまだ広がるため、VCの投資チャンスはむしろ広がっていく、という議論を、

「It’s Morning in Venture Capital 」と題したプレゼンテーションによって繰り広げた。

Josh Kopelman, Partner, First Round Capital

ファーストラウンドキャピタルのジョシュコープルマンは、自らNASDAQ上場やebayへの会社売却などの経歴をもつ起業家としての経験から、 「いかにポートフォリオ企業(ファンドの投資先企業)を手助けするか」に心血を注いでいると語った。

「伝統的なVCは、複数のポートフォリオに投資している事を利用し、投資先A社で得た知見を他の投資先B社に転用する、B社のそれをC社に、といったやり方で経営支援を行ってきた。パターンマッチングと言われる事もしばしばであるその手法は、もはや十分ではない」 として、

「むしろ、ファウンダーは同じ悩みをもつ経営者や、経験豊富な起業家や支援者のネットワークにダイレクトに参加したほうが、よりたくさんの情報へアクセスできるし、有益なインプットが与えらえる」

そのような理由から、ファーストラウンドキャピタルでは、経営者とメンターによる独自の、キュレートされた人々によるクローズドなコミュニティを形成・運営している。

また同時に、CEOサミットやCTOサミットといったワークショップも積極的に行い、経営者の技能向上支援に努めている。

この点に関しては、後に登場するアンドリーセンホロヴィッツも同様に注力していると語っていた。

この「スーパーハンズオンの経営支援」は、昨今のVCのトレンドといって良いだろう。

あわせて読みたい

「ベンチャーキャピタル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。