記事

英国のロイヤル・メールIPO計画が近く提出される 日本の郵政事業民営化の参考にはならない

リンク先を見る

イギリス政府は今週中にも政府の郵便事業、ロイヤル・メールの新規株式公開(IPO)計画を発表します。

本件は英国ビジネス・イノベーション省(BIS)の管轄であり、ファロンBIS大臣が下院に対して計画を提出することになっています。

ロイヤル・メールは1516年にヘンリー8世が郵便事業を始めたのがその起源です。

英国では1980年代にサッチャー政権下で次々に国営事業が払い下げられました。その動きの中でもロイヤル・メールだけは売却されませんでした。

2011年に英国の郵政サービス法が改正され、民営化の道が開かれました。

英国政府は既にUBSとゴールドマン・サックスを売出しのグローバル・コーディネーターに指名しています。またバークレイズとメリルリンチもブックランナーとなります。

日本でも郵政事業民営化の議論があり、その絡みでこのディールは注目されますが、日本の郵政とロイヤル・メールの根本的な違いは、ロイヤル・メールが郵便事業に特化しているのに対し、日本郵政は、いわゆる「郵政三事業」とよばれる、郵便貯金や簡易保険などの金融サービスも行っている点です。

その意味において、ロイヤル・メールのIPOは、あまり参考にならないと思います。

むしろロイヤル・メールは米国のUPSやFedExなどを今後の事業展開を考える際の比較対象としています。

いまロイヤル・メールの売上構成を見ると、次のグラフのようになっています。

リンク先を見る

今後は、売上高の48%を占める小包事業を戦略の中核に据える計画です。民営化にともなう自由化で、これまでは行えなかった新しいサービスを開始することもできるようになります。

一方、ロイヤル・メールは今後、郵便(レター)の減少に対応してゆかねばなりません。このため生産性の向上のイニシアチブを始めています。

歴史的にロイヤル・メールはイギリス国民に愛されている存在であり、カスタマー・サービスを通じて、他社との差別化を図ってゆきたいと考えています。

なお業績面では収支はトントンに近いです。

リンク先を見る

政府による規制産業ではなくなることから、料金の設定など経営面での自由度が増すと思われるので、黒字体質を確保することは、夢ではありません。

これまでもロイヤル・メールは鉄道や電信の登場に代表されるイノベーションへの対応を余儀なくされてきました。従って、インターネットの時代だからサバイバル出来ないということは無いと思います。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。