記事

関電が地震動試算を発表――大飯原発の運転継続を容認か

 原子力規制委員会が設置した「大飯発電所3・4号機の現状に関する評価会合」が九月予定の定期検査までの運転継続を容認する結論を出そうとしている。この会合は、稼働中の関西電力大飯原発3・4号機(福井県)について、七月の新規制基準施行を前に、策定中の基準案に照らして現状評価を行なうのが目的だった。

 そもそも大飯原発は、原発直下の破砕帯(断層)について規制委による調査が終わっておらず、これをもってしても現状評価などできないはずだ。破砕帯については検討対象から除外とされており、はじめから運転継続容認の結論が見え隠れしていた。

 評価会合で議論になったのが、大飯原発周辺の三つの断層の連動評価だ。関電は、現状の二つの連動評価で十分だと主張し、規制委は三連動評価を基本とするよう要請。結局、関電は三連動評価を実施したが、実際には、基準地震動は従来の七〇〇ガル(ガルは加速度の単位)の二連動のまま。三連動については、仮に策定した「評価用地震動」で、基準地震動を上回った部分だけを評価した暫定的なものであった。基準津波でも地震と地滑りの重ね合わせについて議論になったが、規制委側は時間不足を理由に、議論を打ち切った。

 評価会合は安全審査の先取りとも言えるものだが、外部有識者は加えず、規制委・規制庁(JNESを含む)だけで行なわれた。関電は、三連動を支持する広島工業大学の中田高名誉教授と東洋大学の渡辺満久教授の調査結果を全面的に否定したが、規制委側はまともに反論できなかった。このような審査のあり方も問題だ。

 こうした中、関電の八木誠社長(電気事業連合会会長)は六月一四日、大飯原発3、4号機と高浜原発3、4号機(福井県)に関して「新規制基準の施行後、速やかに再稼働を申請したい」と述べ、物議を醸している。

(阪上武・福島老朽原発を考える会、6月21日号)

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。