記事

【参院選】 緑の党は官邸前で第一声、安倍首相は福島で ~争点は「原発」

画像を見る

首相官邸前で脱原発を訴えて選挙戦に出撃する「緑の党」の候補者とスタッフ。=4日午前10時頃、永田町 写真:山田旬=


 
 安倍政権発足後、初めての国政選挙となる参院選挙がきょう公示された。権力の動向を正確に伝えるマスコミは、自民党の勝利を予測している。自民党が参院でも単独過半数を取れば、憲法改正に道を開き、原発はバンバン再稼働する。庶民にとっては何一つ良いことはない。

 毎週金曜日「原発反対」を訴える人たちが集まり、「脱原発」の象徴の場ともなった首相官邸前。ここで第一声をあげたのが国政選挙初挑戦の「緑の党」だ。原発事故で被災した福島出身者2人を含め6人の候補者が顔を揃えた。

 富岡町出身で現在水戸市に避難している木田せつこさん(59歳)は、全国比例で立候補した。

 「福島はこんなことにしても原発を再稼働する。安倍晋三に異議を唱えるには国会議員になるしかない」。木田さんは悲壮なまでの決意を語った。

 選挙の第一声といえば渋谷や新宿がお決まりだった。政権党の党首は福島
に行き、「緑の党」は官邸前で政策を訴える。たとえ与党とマスコミが争点化を避けようとしても、選挙の争点は昨年末の衆院選に続き「原発問題」であることに変わりないのだ。
 

画像を見る

橋下共同代表の「慰安婦発言」が響いて党勢が低迷する日本維新。候補者たちの目は虚ろでお通夜のような雰囲気だった。=4日午前11時頃、有楽町イトシア前 写真:山田旬=

あわせて読みたい

「参院選2013」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  10. 10

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。