記事

“美しい国”の醜いデモ隊 ~権力に守られて少数者攻撃~

画像を見る

機動隊に守られて出陣するレイシストたち。機動隊がカウンター市民を食い止めた(画面右)。=6月30日、大久保公園前 写真:筆者=

 独裁政権に反対する集会と行進が続くトルコと、「在日コリアン」へのヘイトスピーチがまき散らされる日本。飛行機で11時間ほど飛んだ国のデモと、この国のそれは「デモ」という同じ言葉でくくれないほど異質なものだった。

 6月30日、レイシストたちはいつものように大久保公園を集合場所とした。ヘイトデモに反対する市民が大挙待ち構え、封じ込めを図った。嵐のような「帰れコール」が響くなか彼らは機動隊に守られ入場、機動隊に守られ出発した。

 レイシストはわずか100人余り。カウンターの市民は沿道を埋め尽くすほどだった。500人は下らないはずだ。機動隊がいなければ、数の力でレイシストは粉砕されていただろう。

 弁護士グループが告訴したこともあり、警察は大久保通りの通過を認めなかった。レイシストたちのデモ隊は靖国通りを通ることに。買い物客などで賑わう日曜日、歌舞伎町のそばを通るのである。

 デモ隊の後をカウンターの市民が追う。両者を激突させないように機動隊は歩道を40~50mごとに塞いだ。カウンターとは全く関係のない道行く人まで機動隊から「通せんぼ」されるのである。「何があったんだ?」鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする人が相次いだ。

画像を見る

人間の鎖を作り丸腰で機動隊の前に立ちはだかる市民。=6月12日、イスタンブール 写真:筆者=

 コース変更を強いられたとはいえ、レイシストたちは機動隊に守られて“思い”を遂げることができた。それも日曜日の歌舞伎町をかすめる形で。レイシストに対する機動隊員の対応は実に紳士的だった。柔剣道の猛者が「早くお進みください」などと言うのである。

 国家権力に守られて意思表示できるのが日本だとすれば、トルコはその真逆だ。首相の辞任を求めて広場に集まっただけでも、警察から催涙弾を撃ち込まれ、催涙性の液体を浴びせられるのだ。人々はそれでも主張を曲げず機動隊に立ち向かう。それも丸腰で。命を懸けての意思表示だ。

 権力を後ろ盾にし、立場の弱いマイノリティーに究極の罵詈雑言を浴びせる。これほど楽なデモはないだろう。人間としても最低の部類だ。安倍首相のいう「美しい国」の醜い姿である。

あわせて読みたい

「ヘイトスピーチ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。