記事

日本を元気にするのは「今」 女性の視点で子育て、教育・医療を充実!! 党三重県参議院選挙区第1支部長 吉川 ゆうみ(39)

画像を見る 画像を見る

県内各地をあいさつ回り。保育園を訪問、未来を担う子供たちと触れ合う機会も

 「環境と成長」を自身のテーマとしていますが、自然環境に限らず、生活環境、職場環境などすべてにおいて成長と発展があって初めて持続可能な「環境と成長」が実現できると思います。それらを踏まえ、「安心して生活ができ、未来に対して希望が持て、そして挑戦する人にチャンスがある三重・日本」を造り上げていきます。

私が掲げる「三本の矢」 優先政策の一つは、女性が活躍できる社会の実現です。安倍晋三総理も成長戦略の柱の一つに「女性の活躍」を掲げています。これからの日本の大きな原動力は女性のパワーです。女性の力を十二分に発揮できる社会の構築。また、女性の視点で、子育てがしやすく、教育・医療が充実した社会づくりを目指します。
もう一つは環境問題。志摩半島沖で採掘された、燃える氷「メタンハイドレート」を活用しながら、新しい企業価値を創造した環境づくりを進め、企業の発展や地域の活性化に努めます。
3番目は経済の再生。景気と雇用の回復が日本を取り戻す鍵です。それには「地方の再生なくして日本の再生なし」。地域の強みや変化に対応した成長政策の実現には、それぞれの地域のニーズやアイデアを中央政府の政策に迅速に生かす仕組みを作っていく必要があります。
高齢化対応や地域経済活性化のための都市計画や交通機関の整備、地域医療、観光振興のための基礎資源整備、地域のニーズを政策に迅速に反映させるための権限移譲などを断行し、「地方からの日本経済再生」をしていきます。

「攻めの農林水産業」を確立 第1次産業の活性化が「美(うま)し国・三重」の重要課題です。環境・農林水産業・食・観光を一体のものとして地域や企業の活性化を目指します。
これらはTPP交渉にも絡みますが、「守るべきものは守る」の姿勢を押し通し、「聖域なき関税撤廃」には断固反対すると同時に「攻めの農林水産業」を確立します。
農林水産業には「国を守る」という多面的機能もあります。食の安全も含め、農林水産業の「価値」を守り、新規就労者を育成していきます。小さい国オランダが農業で大国となった例もあります。

日本を取り戻す第一歩に 自民党の原点は「地域」です。住民一人ひとりの自助・自立の精神を重視し、愛する郷土に絆と繁栄を構築することが重要だと考えています。
まずは何を差し置いても各地域の強みを生かし、そのニーズに対応した成長政策、観光産業や地方サービス業の振興、農業再生、産業の国内回帰などが必要であると考えます。
こうした中で行われる7月の参議院議員通常選挙は、「ねじれ国会」の解消に向けた重要な選挙であり、「日本を、取り戻す。」第一歩です。

吉川 有美(よしかわ・ゆうみ)

 昭和48年9月4日三重県桑名市生まれ。私立メリノール女子学院高校、東京農業大学農学部国際農業開発学科卒業。東京農工大学大学院修士課程農学研究科修了。環境関連審査・支援業務、農業・食品関連支援業務などに従事した後、三井住友銀行に入行、環境・農業・事業継続など企画。省庁・地方公共団体などの委員、セミナー講師を務める

 

吉川 ゆうみ事務所

〒510-0082 三重県四日市市中部5-5

TEL:059-356-8060   Fax:059-351-9010

E-mail:yuumi2013@apricot.ocn.ne.jp

吉川 ゆうみホームページ

http://yoshikawa-yuumi.jp

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。