記事

混乱下で国会閉会:だから参院選でねじれの解消を!

 通常国会が閉会した。しかし野党が根拠の薄弱な安倍総理への問責決議案を参議院で可決するなど、ドタバタの中で重要法案が廃案になり、ねじれ国会の問題点が如実に明らかになった国会の最終日であった。

 私も参議院出身の官房副長官として、一昨日から官邸と参院自民国会対策委員会を何度も往復し、情報収集と総理の意向の伝達に努めてきた。

 民主党の二転三転の方針転換には呆れるしかなかった。
 「『重要法案の成立を邪魔した』と批判されたくはない」、「しかし安倍総理への問責決議案を提出した他野党との連携を大切にしたい」というのが民主党の心理だったのだろう。「世論にも他野党にもいい顔をしたい」という民主党らしいどっちつかずのポピュリスト的姿勢だ。しかしこの両立は不可能だ。

 民主党は「問責決議案の採決は法案の処理が終わった後にしてくれ」と泣きついてきたが、これも無理な話だ。
 問責決議案というのは、法案を提出している内閣のトップたる総理大臣に「NO」を突きつけるわけだから、まずその決議案の採決が優先され、可決されたらその後の政府出席の法案審議は行われない、というのが筋である。

 最後は自民党から「問責決議を可決した後に、法案の審議をしてはどうか?」と助け船を出した。しかしこれに乗ってしまうと「総理問責が可決されても、国会審議が出来る」という前例を作ることになるので、野党として今後問責の効果が薄れてしまうと考えたのだろう、本会議場での問責決議案に関する討論の最中というぎりぎりの段階で断ってきた。

 結局民主党は「みんなにいい顔をしたい」というどっちつかずの姿勢を続けた結果、終盤国会を大混乱させた上に、「電力改革法案」「生活保護改革法案」「海賊対処法案」といった国民生活や成長戦略に影響する重要な法案を廃案にしてしまったのである。

 さらに民主党の細野幹事長は記者会見で「自民党が悪い」という趣旨の発言をしている。責任転嫁も甚だしい。

 やっぱりこの参議院選挙でねじれを解消しなくてはならない。決意を新たにした。

あわせて読みたい

「問責決議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    選挙終えた小野泰輔氏「熊本へ」

    小野泰輔

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。