記事

混乱下で国会閉会:だから参院選でねじれの解消を!

 通常国会が閉会した。しかし野党が根拠の薄弱な安倍総理への問責決議案を参議院で可決するなど、ドタバタの中で重要法案が廃案になり、ねじれ国会の問題点が如実に明らかになった国会の最終日であった。

 私も参議院出身の官房副長官として、一昨日から官邸と参院自民国会対策委員会を何度も往復し、情報収集と総理の意向の伝達に努めてきた。

 民主党の二転三転の方針転換には呆れるしかなかった。
 「『重要法案の成立を邪魔した』と批判されたくはない」、「しかし安倍総理への問責決議案を提出した他野党との連携を大切にしたい」というのが民主党の心理だったのだろう。「世論にも他野党にもいい顔をしたい」という民主党らしいどっちつかずのポピュリスト的姿勢だ。しかしこの両立は不可能だ。

 民主党は「問責決議案の採決は法案の処理が終わった後にしてくれ」と泣きついてきたが、これも無理な話だ。
 問責決議案というのは、法案を提出している内閣のトップたる総理大臣に「NO」を突きつけるわけだから、まずその決議案の採決が優先され、可決されたらその後の政府出席の法案審議は行われない、というのが筋である。

 最後は自民党から「問責決議を可決した後に、法案の審議をしてはどうか?」と助け船を出した。しかしこれに乗ってしまうと「総理問責が可決されても、国会審議が出来る」という前例を作ることになるので、野党として今後問責の効果が薄れてしまうと考えたのだろう、本会議場での問責決議案に関する討論の最中というぎりぎりの段階で断ってきた。

 結局民主党は「みんなにいい顔をしたい」というどっちつかずの姿勢を続けた結果、終盤国会を大混乱させた上に、「電力改革法案」「生活保護改革法案」「海賊対処法案」といった国民生活や成長戦略に影響する重要な法案を廃案にしてしまったのである。

 さらに民主党の細野幹事長は記者会見で「自民党が悪い」という趣旨の発言をしている。責任転嫁も甚だしい。

 やっぱりこの参議院選挙でねじれを解消しなくてはならない。決意を新たにした。

あわせて読みたい

「問責決議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  6. 6

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  7. 7

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  9. 9

    横浜発の世界一周クルーズ出港へ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。