記事

年中夢求: 安倍総理の会見とネット選挙解禁に関してのOneVoiceCampaignの効果

参院選まであと一週間。いよいよ、インターネット選挙運動解禁。

そんなタイミングで、安倍総理がインターネット選挙運動解禁に関して内閣府の動画で語っている。


で、何がすごいかというと、安倍さんがこの動画の中で、
OneVoiceCampaignについて言及。(41秒ぐらいから)
さらには昨年5月のOneVoiceサミットの様子や、メンバーのネット選挙解禁へのメッセージボードなども取り上げられている。

この動画に関して、2個の相反する気持ちを持ったので、書いときます。


1.OneVoiceCampaignの活動の意義を認識した


要は嬉しかったってことw
OneVoiceは去年の4月からインターネット選挙運動解禁にむけて活動をしてきた。
去年の4月は「インターネット選挙運動」なんて、メディアの中でも、ネットの中でも、永田町の中でも全く話題になっていなくて。

そんな中、色々と企画してしかけて解禁までもっていった。

でも、「OneVoiceが解禁にどれぐらい貢献したと思う?」って聞かれると
「少しは。各党の賛成派の議員の後押しになったかな」ってな感じで答えてた。

もちろんOneVoiceのメンバーの中でも評価は分かれていて、ほかの大体の主要メンバーは
影響力がもっと大きかったと思っている。

そんな中、こうやって国のトップが、公式の広報で、
  「たとえば『ワンボイスキャンペーン』というムーブメントは、著名人や国会議員も巻き込みながら、世の中の気運を大いに高めてくれました」
なんて発言してくださったのはやっぱりうれしいわけだ。

2.同時に感じた安倍政権の広報のうまさ


同時に、うまいな~って感じも。
この動画だけ見ると、安倍さんが首相就任の際に、「ネット選挙解禁を目指す」って言ったことに呼応して、OneVoiceが動き出したようにも見えなくもないし。
そもそも、安倍さんの後押しをしようって意図はなかったわけで。

なんか釈然としないとこもありながら。
まあ互いにうまく使い使われつつだろうなと。

実際安倍政権になってからのスピード感はやばかったもん。
これ、民主党が政権与党時代にやっとけば少しはプラス要素として残ったのにと思ってしまう。


まとめ

この安倍さんの動画を楽観的に読み替えて、
「ネット選挙解禁を目指した党派を超えた各推進議員の後押しになった」
ってことを代表していってくれたんだろうって理解にしておく。

新たな選挙運動のツールとしての「インターネット」
これにひきつづき注目するけど、
投票先は「ツール」じゃなくて「コンテンツ」。つまりは政策や候補者などで決めるよ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  3. 3

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  4. 4

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  6. 6

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。