記事

映画「世界が食べられなくなる日」の衝撃

 ネットで話題のドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」(原題はTous cobayes?~みんな実験台?・2012年フランス、監督ジャン=ポール・ジョー)を見てきました。渋谷「アップリング」で上映中です。

 遺伝子組換え作物(GMO)による食物汚染と、原発による放射能汚染とを同時平行的に追って、人類の危機に警告を発している映画です。フランス人の監督であるためか、日本人に近い感覚で撮られているように感じました。日本の反原発デモや福島の情景も、ふんだんに登場します。

 作品の芯になっているのは、GMO食品を与えられて腫瘍を発生するラットの実験です。世界企業のバイオ化学メーカーであるサンモントは、3ヶ月の動物実験で安全が確認されたとしているのですが、極秘で入手(サンモントは試料の提供を拒否しているため)した種子を使って追跡調査したところ、ラットの2年間の生涯では、多数の巨大な腫瘍が発生して有害性が示されたというのです。

 GMOは今や飼料や各種の食品原材料として大規模に使われているので、もはや健康食品だけを食べているつもりでも、誰も摂取を避けることは不可能になっています。そしてGMOは、必ず除草剤「ラウンドアップ」とセットで普及されます。耐性のある植物と農薬を組み合わせることで、手間のかからない作付けができるというシステムなのです。

 ですからこれは、地域に合ったエコロジー農業とは、真っ向から対立する農業手法です。GMOを取り入れた地域は、世界のどこでもサンモントの支配から脱することができなくなります。そして作物に付着して運ばれる農薬は、荷役、輸送の労働者にも健康被害をもたらします。

 遺伝子の解析とその操作技術は、核エネルギーの開発と同根の巨大科学であったと監督は言うのです。それは一部の世界企業に巨大な富を集中させ、国家戦略の道具ともなりました。強引なその輸出が、出先の各国でさまざまな問題を引き起こし、国民の反撃を受けているという点でも共通しています。

 最大の問題は、食物の汚染も放射能の環境汚染も、耐え難いほど進んでからでは、引き返せなくなっているということです。日々に摂取する食品による人体の汚染は、残留放射能の体内被曝にも劣らず恐ろしいのかもしれません。私たちはみんな、地球規模で人体実験の中にいるのです。

【関連情報】
映画『世界が食べられなくなる日』公式サイト

あわせて読みたい

「遺伝子組換え食品」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。