記事

今後の世界遺産

 世界遺産委員会がカンボジアで開催されており、富士山が「(諮問機関であるイコモスのレベルでは外された)三保松原」を含めて世界遺産登録されました。その他、カタール、タジキスタン、レソトといった国からも世界遺産登録が決定されたようでして喜ばしいことです。今回の世界遺産委員会の決定の結果、私が行ったことがある世界遺産の数が2つ増えました。富士山とタジキスタンのパミールの山並みです。こうやって、新しく世界遺産に行くのではなく、かつて行った場所が世界遺産になっていくことで経験値が増えていきます(新しいところを開拓したいのですけど、時間的に無理なのは残念です。)。

 ところで、今回の富士山自体は既にイコモスで登録決定がされていましたので驚きではありませんが、イコモスの勧告で外されていた三保松原が入ったことはちょっと驚きました。近々退任する近藤文化庁長官が「最後のご奉公」とばかりに八面六臂の活躍をしたことが容易に想像されます。近藤長官は、2007年石見銀山登録の際、劣勢であったのを跳ね返したユネスコ代表部大使でした。ユネスコ的には顔が利く方でして、本当に最後のポリティカル・キャピタルを投入したという感じではないかなと思います。たしかに委員会の最後の局面で、各国が三保松原について前向きな言及をしてくれましたが、その発言を聞いていると「必ずしも三保松原のことを知った上で言っているわけではないんだな。」ということが容易に分かりました。ユネスコ内の色々な付き合い、貸し借りの中で、これまで日本が貯めてきたポリティカル・キャピタルが活きているということです(これは外交的にはとても大事なことです。)。

 ただし、私はいつも気になるのですが、そろそろ世界遺産の分野での日本のポリティカル・キャピタルが尽きつつあるのではないかと思うのです(近藤長官も退任しますし)。最近の世界遺産登録では、日本は劣勢であったものを色々な人脈等を使いながら逆転勝利したものが多かったですね。逆にいえば、今回の三保松原の件を経て、日本の今後の世界遺産登録はより厳しくなっていくような気がします。ここはとても重要なことです。

 地元の西日本新聞に松浦元ユネスコ事務局長、西村日本イコモス国内委員会委員長のインタビューが載っていましたが、二人に共通しているのは「イコモスの決定を(上部機関たる)世界遺産委員会で外交的、政治的に覆すことに警鐘を鳴らしている」ということです。私が懸念するのが、専門的見地から世界遺産候補を検討し勧告するイコモスが臍を曲げていきはしないかということです。つまり「これまでは一発で不登録を出してしまうのは忍びないから『情報照会』とか『登録延期』という判断をしてきた。しかし、上部機関の世界遺産委員会でうちの判断を政治的に覆す例が増えるのなら、自分達もあまり遠慮せずに一発で不登録を出すことを躊躇うべきではない。」というふうにイコモスが転化していくのではないかということが気になります。そして、イコモスで「不登録」の勧告が出てしまうと、そこからの挽回は余程のことがない限り難しいです。

 三保松原が入ったことは喜ばしいことです。しかし、それはこれからの日本の世界遺産候補の歩みに影響を与えると私は思います。上記で述べたとおり、イコモスの専門家の感情的なところがどうなっているかには配慮していかなくてはなりません。日本には世界遺産でウェイティング・リストがありまして、時系列的な順番では①富岡製糸場、②長崎のキリスト教遺産群、③九州山口の産業遺産群でしょう。個人的に付け加えるとすれば、自然遺産として最後の候補となるであろう南西諸島はどうなっているのかとか、種々の事情から内部調査ができないから世界遺産候補になれない「隠れ世界遺産」たる前方後円墳(特に仁徳天皇陵)は何とかならないかとか、色々なことを思います。

 いずれにせよ、これから日本そのものに対して厳しくなってくるはずです。そこはとても要注意です。

あわせて読みたい

「富士山」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。