記事

ハズレ馬券は経費! でも、どういうときに?

 さて、またしてもかなり旧聞に属する話。  5月23日の「ハズレ馬券は経費」という大阪地裁判決について(←いつの話だ)。 [画像をブログで見る] ←「判決」のイメージ画像

 この件については、昨年秋、2つのエントリーを書いているので、参考に。  ハズレ馬券は経費だ!  ハズレ馬券は経費であるべきだ! けれども……(前回の補足)

 新聞とかの見出しだけだと、一般的にハズレ馬券が経費として認められた(当たりとハズレの損益通算ができる)ように見えますが、そういう判決ではありません。  今回の裁判の被告である会社員男性の特殊な買い方に限って、認められたものです(さらには控訴されてるので、確定もしてませんが)。

 判決要旨 の重要部分を抜粋すると、

〇 原則として、馬券購入行為については、所得源泉としての継続性、恒常性が認められず、当該行為から生じた所得は一時所得に該当する。 〇 被告人の本件馬券購入行為は、一般的な馬券購入行為と異なり、その回数、金額が極めて多数、多額に達しており、その態様も機械的、網羅的なものであり、かつ、過去の競馬データの詳細な分析結果等に基づく、利益を得ることに特化したものであって、実際にも多額の利益を生じさせている。また、そのような本件馬券購入行為の形態は客観性を有している。そして、本件馬券購入行為は娯楽の域にとどまるものとはいい難い。 〇 被告人の本件馬券購入行為は、一連の行為として見れば恒常的に所得を生じさせ得るものであって、その払戻金については、その所得が質的に変化して源泉性を認めるに足りる程度の継続性、恒常性を獲得したものということができるから、所得源泉性を有するものと認めるのが相当である。 〇 被告人の本件馬券購入方法からすれば、本件においては、外れ馬券を含めた全馬券の購入費用は、当たり馬券による払戻金を得るための投下資本に当たり、外れ馬券の購入費用と払戻金との間には費用収益の対応関係があるというべきである。

 とてもクリアな論旨ですね。わかりやすい。

 この人の馬券購入の方法が通常のものではなく、「回数、金額が極めて多数、多額」「態様が機械的、網羅的」「過去の競馬データの詳細な分析結果等に基づき、利益を得ることに特化」という条件がそろっているから、もはや娯楽の域ではなく、馬券購入額の全体が経費として認められるというわけですね。

 また、とても興味深い新聞記事を見つけました。  「認められた『馬券のプロ』競馬払戻金課税で判決 」(2013年5月29日日経新聞)という記事。すごく深く掘り下げて取材しています。

 私の感想はというと、一競馬ファンとしては、経費と認められてよかったね、というもの。  一方、行政官としての私の感想は、仮にこの判決が確定したら、ハズレ馬券が経費と認められる基準を決めなきゃいけないけど難しいだろうねぇ、というもの。

 行政官は、両端に白と黒があり、その間にグレーのグラデーションがある場合、全体を見渡してグレーのどの部分でラインを引くのが妥当かを常に考えます。

 ラインの引き方は、個々の案件の色が白黒どっちに近いかだけでは決まりません。  色だけ見ればあるラインで白黒つけられそうに見えても、多数の類似する案件が存在するど真ん中でぶった切ると、関係者の不公平感が高まって納得が得られません。

 個々の案件の色に加えて、全体としてどこで切るのが全員の納得性が高いかが、大きな判断要素となります。

 今回の件は、そういった面で非常に難しくて、困ります。  「回数、金額が極めて多数、多額」とありますが、100回ならよくて99回ならダメなんでしょうか。1億円ならよくて9999万円ならダメなんでしょうか。

 「態様が機械的、網羅的」「過去の競馬データの詳細な分析結果等に基づき、利益を得ることに特化」も、うまく切れそうなラインがちょっと見当たらない。

 確かに、今回の会社員男性の事例に限れば、ハズレ馬券を経費とした方が法的正義にかなっているのはわかる。  しかし一方で、この判決では、通常はハズレ馬券は経費とならず、この会社員男性は例外ケースだと言っている。

 となると必然的に、その中間のどこかで、ハズレ馬券を経費と認める・認めないのラインを引かなきゃいけない。  でも、あまりに微妙すぎて引けそうなラインが見当たらない。だから、一律に経費と認めない方が全体としてはうまく回るのになぁ、裁判官は全体を見ずにその案件だけ見ればいいから気楽だねぇ、と自分が担当者なら愚痴りたくなりそうです。

 たぶん、裁判官から見れば逆なのでしょうね。  行政官は、個々の案件を深く掘り下げて何が法的正義かを考えなくても、どこかそれっぽいところでライン引きゃいいんだから気楽だねぇ、という感じでしょうか。

 本件に限らず、これまでいろいろな裁判の判決を見てきて、行政官と裁判官の考え方の違いは面白いなぁ、とずっと思ってきました。

 一言で言えば、行政官は、個々の案件ごとの法的正義を深くは掘り下げず、システム全体が円滑に動くことを優先する。  裁判官は、システム全体のことはあまり考えず、個々の案件について何が法的正義かを深く掘り下げる

 行政官の目から見ると、「勘弁してくれよ。視野が狭すぎるよ。全体のことを考えなきゃいけないこっちの身にもなってくれ」と言いたくなる判決もあります。

 でも、たぶんそういう考え方は間違っていて、個々の案件について裁判官が深く掘り下げて法的正義にかなった判断を下し、そうやって積み重ねられた「法的正義にかなった判断群」を分析・整理して、行政官がそれを一般化したラインを引く。  それが、あるべき行政と司法の関係なのでしょうね。

 そういったことをまた考えさせられた、今回の判決でした。

【補足】  なお、実際には、仮に今回の判決が確定しても、税務当局はハズレ馬券が経費と認められる・認められないのラインは厳密には引かないと思います。

 当たり馬券への課税はレアケースなので、あらかじめラインを厳密に引いておかなくても、混乱は生じにくいので。  事例が少ないのに無理やりラインを引くと、変なものになってかえって混乱を招いてしまいます。

 課税するのは、だいたいは今回と似たPATでの大量・継続購入でしょうから、それは基本的にはハズレ馬券を経費と認める運用をするでしょう。  ただ、似ていない案件(一発で大量に儲けて勝ち逃げしたとか、暴力団の資金源になったとか)が出たときに備えて、経費と認めない可能性は残しておくでしょう。

あわせて読みたい

「競馬脱税事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜ朝日新聞は誤報を繰り返すか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。