記事

まだ傷が癒えてないのか 美・芸大2作

リンク先を見る 漫棚通信で書かれていたこの話題。

青春彷徨と転落の物語『かくかくしかじか』『アオイホノオ』: 漫棚通信ブログ版


 ぼくやつれあいも、この2作を並べて考えた。

 『かくかくしかじか』は、東村アキコの自伝的物語で、2巻は美大に合格してからの話。なーんも描けない。その苦しみをこれでもかというふうに描いている。

 他方、島本和彦の『アオイホノオ』も島本の自伝的物語。最新巻では、自分で作ったフィルムを、同じ芸大のたくさんの学生たちに自主映画上映会で批評されるシーンを描いている。けっこうカッコよく作ったと自負していたアニメだったのに視聴者は無反応。次の学生の作品が始まり「牛丼のアップに『きょうの料理』のテーマ」が流れる。視聴者爆笑。自分の作品の無反応ぶりとの対比が鮮やかになっただけでなく、主人公は“この爆笑は俺への攻撃的な批評だ”とさえ受け取る。


 美大や芸大って恐ろしいところやわー、とつれあい。

 なぜって、努力ではカバーできないような、次元の違うセンスを見せつけられ続けるから。シロウトとは違う、あるいはカビの生えた専門家とも違う、若くて、容赦のない批評眼が注がれ続ける空間って、想像するだけで息がつまりそうだと。


リンク先を見る 2作は同じような感じがするけど、島本は、自分の体験を徹底的に客観視して、笑いと凄みに変換してしまっている。対して東村の方は、シリアスで、叙情的な分だけ、傷がまだ癒えていないのかと感じさせる。「先生」しか出てこない。他の美大生とのかかわりがいかにも薄い。もうちょっと、他の人の才能や作品をみて感じたことがあるんじゃないの、それで描けなくなったってところがあるんじゃないの、そのへんをまだあんたは書いてないでしょう。

 完全に余計なお世話だけど。邪推された方はいい迷惑だけど。2作が近くに並んで出ただけに、こういう邪推をする楽しみがある。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    神奈川県で過去最多1686人の感染確認 6日連続1000人超

    ABEMA TIMES

    08月02日 20:24

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。