記事

アベノリスクが段々と

アベノミクスの三本の矢の全容が明らかになってきた。とりわけ最も大事だと言われてきた成長戦略は6月14日に閣議決定された。しかしその内容たるや、元々、民主党政権時代に取り組まれてきたような内容が表現を変えて再提出されたものもあるし、あまりにも企業側に有利な雇用政策もある。またホントにできるの?と疑問符も付くものもあり、正直言って参院選前に慌てて揃えたやっつけ仕事ではないか。

 成長戦略は、①日本産業再興プラン、②戦略市場創造プラン、③国際展開戦略プランの3つの柱からなっている。

①日本産業再興プランについて

これは、3年間で設備投資70兆円の回復、勤務地や職種を限定する「限定正社員」制度の採用で「失業6ヶ月以上の人数を5年で2割」減らす、待機児童解消で女性労働力を活用などだ。
待機児童解消などは民主党政権時代の政策であり、特段、目新しいものではない。「限定正社員」制度は極めて問題が多い。要するに名ばかり正社員であって、賃金は安く解雇はしやすいと、企業側にとっての都合ばかりが良くなっている代物だ。

②戦略市場創造プランについて

これは医療と農業が中心だし、エネルギー政策では原発再稼働も入っている。医療や農林漁業が日本の産業にとって重要であることは民主党政権時代でも謳われてきたことである。
しかし、安倍政権では、農業所得を2倍の6兆円に増やすという。これも「集積バンク」などを活用して大規模化を図ることが前提のようだ。これまた従来からの自民党の政策の焼き直しだが、しかし、ホントにできるの?と言わざるを得ない。農地の集積はかなり以前から取り組まれてきたものだが、そう簡単には進まない。無理して強行するわけにもいかない。ある程度時間をかけて地域の実情を熟知している人たちの活用ことが大事だと思う。

③国際展開戦略プランについて

これはTPPを推進し、2018年までにFTA(自由貿易協定)比率を70%以上にすると言う。これまた本気ですか?そんなに自由貿易ばかりを増やして大丈夫ですか?日本の国内産業対策はどうするのですか?

結局、次第に小泉政権時代の新自由主義的な色彩が強くなってきているようだが、これも至極当然か。実際にこうした成長戦略を策定しているのは「産業競争力会議」「規制改革会議」「経済財政諮問会議」などであって、小泉政権時代の学者や経済人が動員されているからだ。やはり自民党は政権に復帰しても「何事も学ばず、何事も忘れず」なのかなあ・・・

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。