記事

業競争力会議メンバー、竹中平蔵教授に聞く、「日本経済、次はどうなりますか?」

「竹中平蔵」という人物は、実に興味深い。小泉純一郎内閣は、日本経済に溜りに溜まっていた不良債権という膿を出し切った。だから、小泉政権の後半は、GDPは増え、失業率の低下、税収の増加によって財政再建の道筋がほの見えたのだ。その立役者が竹中さんだった。

ところが、小泉さんの政治的手腕を評価する声はあっても、なぜか竹中さんへの賞賛はなかった。それどころか、逆に「竹中さんの規制緩和で格差が広がった」といった否定的な報道がなされた。経済学者やエコノミスト、マスコミにとって、竹中さんは叩きやすい「サンドバッグ」なのだ。

けれど、その竹中さんの手腕を、安倍晋三首相は熟知している。安倍さんは小泉内閣で官房長官を務め、竹中さんの働きを間近で見ていたからだ。

アベノミクスの成否は、安倍さんのいう「アベノミクス」の3本目の矢である「成長戦略」が成功するかどうかにかかっている。バブル崩壊以後の「失われた20年」から脱却できるかどうかの、まさに正念場なのだ。

安倍内閣の目玉である「産業競争力会議」のメンバーに竹中さんは選ばれた。「アベノミクス」の3本目の矢である「成長戦略」を提案するためのブレーンになったのだ。つまり、アベノミクス推進の中心人物は、竹中さんであるといっていいだろう。

僕は、その竹中さんにとことん「日本経済復活のカギ」を聞いた。その内容を先日、『竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?』という本にまとめた。その一部を紹介しよう。

まず竹中さんは、「日本は必ず経済成長できる」と断言する。ただ、そのために必要なことはさまざまな抵抗勢力に打ち克って、どこまで徹底的にやれるか、ということだ。

ひとつは、企業の問題だ。高い法人税率、厳しい労働規制と環境規制……。「日本ほど規制が厳しい先進国はない」と竹中さんはいう。だから、外資企業は日本から逃げる。一方で日本の企業はどうか。

日本企業の開業率は低いとよく指摘される。だが、実は企業の開業率は低いが、同時に企業の廃業率も低い。つまり企業の新陳代謝が進んでいないのだ。ダメな企業がゾンビのように生き残り、やる気のあるベンチャー企業が出てこない。これでは、経済成長に必要な技術革新も生まれにくい。なぜなのか。

さまざまな要因はある。だが竹中さんは、「最大の問題は『ダメな社長』をクビにできない」ことにあると言い切る。「社長をチェックし、ダメなときは『お辞めなさい』と言える独立した社外取締役が必要」なのだが、今の日本にその義務づけはない。

そして女性の活用の問題もある。世界経済フォーラムが毎年出している、「グローバル・ジェンダー・ギャップ報告」、つまり男女格差の通信簿ともいえるレポートで、日本は135カ国中101位だ。竹中さんは、女性をもっと登用するため、「女性取締役が2割以上の会社は法人税を何%か割り引く」というような制度の導入を提言している。僕もまったく同感だ。

日本企業が抱えている問題はまだまだある。だが、要は、「緩和すべき規制は緩和し、義務づけすべき制度は義務づける」ことが必要なのだ。

インフラ整備でいえば、たとえば羽田のハブ空港化である。いま日本人が海外旅行に行く際に、一番利用するのは、韓国の仁川空港だ。仁川空港はアジアのハブ空港である。地方の人は一度、成田空港に行って、そこで飛行機を乗り換えて目的地に行かなければならない。だが、そのように成田空港で乗り換えるより、仁川空港で乗り換えたほうが安い。また、仁川空港は24時間発着していて、路線も便数も多いので便利なのだ。

竹中さんは羽田空港を拡張し、「国際線キャパシティを3倍にする」必要を力説する。そして、オープンスカイ(航空自由化)政策を大胆に進めて、路線・便数・運賃に関する規制を撤廃する。24時間化に伴い、周辺の交通も24時間利用できるようにする。さらに羽田空港と東京駅を新幹線で結ぶ。

TPPとも関係するが、アベノミクスでもっとも重要な産業は、農業だと僕は考える。竹中さんもまったく同感だといっていた。「この10年間で農業を根本から変えねばならない」と断言したのだ。ITやバイオ技術を使って、農業を「先進国産業」に育てる。輸出産業にするのだ。

さらに竹中さんは、「農業をきちんと3つに分別して、それぞれに最適な対応をしていくべきだ」と主張していた。その3つとは何か。

ひとつは、輸入農作物に充分対抗できる競争力があるものだ。この代表はリンゴやイチゴなど果物だろう。ふたつめは、集約化で耕地面積を広げるなど、構造改革すれば競争力がつくもの。代表はコメである。そして3つめが、中山間地農業など、競争力は期待できないが、社会的・環境的な要請から残すべきものである。3つめは、言ってみれば「文化」として残せばいい。課題は、ふたつめの集約化である。そのための大規模化、法人化だ。

いま挙げた政策だけで考えても、「抵抗勢力」は容易に想像できるだろう。企業関係でいえば、経団連と経産省だ。羽田空港の問題では国土交通省、そして成田空港に関係する団体だ。農業問題では、当然、農水省と農協が抵抗勢力になる。

竹中さんに話を聞いて、「成長の方法はわかった。問題は、どこまで徹底的にやれるかだ」と僕は実感した。いままさに、日本は正念場にあるのだ。

ぜひご一読ください。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。