記事
  • mkubo1

政治家の腕の見せ所

今週はFOMC次第と言えばそれまでですが、基本、荒れ模様が継続するのではないかと思いますね。

結構、長い長い乱気流となっていますね。

政治家は、相場予測などしない方がいいのですね。

友人の一人は、「アベノミクス」支持者でしたので、甘利発言(5月28日:「まもなく乱気流を抜ける」)も素直に受けたようです。

だから、「すぐにもどるさ」ってことで、彼のような支持者は買い向かったのでしょうね。

それが(マーケットが大幅下落しているにも関わらず)信用買い残の増加となったのですかね。

ちなみに、その友人ですが、この半年で貯めこんだ利益をかなり吐き出したようですね。

そのアベノミクスで「骨太の方針」というフレーズを聞いたとき、「またか~」なんて言葉が出てきた人も少なくないのではないでしょうか。

成長戦略もそうですが、同じフレーズをあの民主党政権でも聞きましたからね。

骨太で財政が健全であることをアピールし、成長戦略で、日本にはまだ成長性があることを示す…そんなところでしょうか。

個別の成長戦略は、効果的なものもあるのでしょうが、やはり、全体論としては、仕掛けに過ぎない…そんな気がします。

つまり、総論ばかりで具体性が少ないということです。

で、何の仕掛けか?

もちろん、スムーズな資金調達の仕掛けです。

すべては、ここ(資金調達)だと思うのです。

借金が1000兆円あっても、金利0.8%で調達できていれば、何とかなっています。

借金は多くても、調達に問題はなく、しかも、日本には、成長余力がありますから、みなさん、大丈夫ですよ…

ってことのような気がしますね。

この均衡状態を破ることが、異次元緩和であり、財政拡大(今は、国際公約もあり使えない)なのです。

2年で2%の物価上昇率が実現したとして、それが、どういう世界になるか…

そろそろ、骨太でも成長戦略でもいいのですが、目標ではなく、具体的に、財政をどうするのかという議論が出てきてもいいと思うのですけどいかがなものでしょうか。

それこそ、政治家の腕の見せ所と思うのですが…

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  8. 8

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

  9. 9

    次は効かない…日本モデルの功罪

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。