記事

国際海洋法裁判所の裁判官に、日本からは柳井氏を候補指名

国際海洋法裁判所は、国連海洋法条約の解釈・適用に関する紛争の司法的解決を任務とする機関で、ドイツ・ハンブルグに本部がある。

その裁判官は、9年任期で、世界の地域ブロックごとに選出されるが、今回改選を迎える柳井裁判官(所長でもある)のポストについて、外務省は再び柳井氏を候補として指名した。

2014年国際海洋法裁判所(ITLOS)裁判官選挙における候補としての柳井俊二氏(現ITLOS所長)の指名

国連海洋法条約は、1992年発効の新しい条約で、領海や排他的経済水域、大陸棚などに関する規律がされているほか、紛争解決機関として調停、仲裁、国際海洋法裁判所が規定されている。

国際海洋法裁判所の処理実績は、これまでに21の事案が付託され、9つの判決と6つの暫定措置命令、1件の勧告的意見が下されている。

日本が当事国となったのは、1999年のみなみまぐろ事件、2007年の第88豊進丸事件と第53富丸事件の3件がある。

みなみまぐろ事件とは、「みなみまぐろの保存のための条約」により設置された「みなみまぐろ保存委員会」が調査漁獲のルールを策定している最中に、日本の調査漁獲が先行してなされたため、オーストラリアとニュージーランドが仲裁および暫定措置命令を申し立てたというものである。

このケースでは、暫定措置命令が下されたが、みなみまぐろの保存のための条約が国連海洋法条約の紛争解決を排除していることから、仲裁廷が事件を却下し、暫定措置命令を取り消すに至った。

2007年の2つの漁船の事件はいずれもロシアに拿捕されたもので、早期釈放を求めたものだが、一つは早期釈放を命じたものの、もう一つはロシア国内法による船体の没収が確定したため、請求の目的が失われたとして却下になったという。

民事訴訟法学の立場からも、なかなか興味深い制度である。

あわせて読みたい

「漁業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。