記事

矢口真里さんの今回の件とテレビの体質と中傷について。

「矢口真里についての報道とみんなの言葉に思う事。」についてです。

ある意味で日本中を芸能界のゴシップ記事として駆け巡ってしまった矢口さんの不倫騒動ですが、私は強く思う事があります。

それは、もちろん日本において不倫というのは決して褒められた事ではないでしょう。でもね、でもね、普段応援もしていない一般の方々が目くじらを立てて叩く意味が分からないのです……。

だってね、それまでファンでもなく、舞台を見に行くでもなく、下手をする出演のテレビでさえ見ていない人達までもが一斉に叩く。

それってなんでよ?! 本当に。自分でも分かっていない自分のストレス発散?成功している人への嫉妬?

普通に考えて「あなたの人生に関係ないじゃん……」って思うのです。

これがですね、ずっと応援していて、ずっとステージも見に行って、ディナーショー等も行っていてそれで今回の事がおきて「裏切られた!」と感じての行動なら分かるのです。まだね。さらにきっとそういう長いファンは逆に今回の件でも中傷しないのだろうな……。

私はですね、この日本人の無記名の陰湿な中傷というのがもう心底、海底2万マイルの底から嫌いなのです。

言論の自由というのに対していろいろな意見があるとも思いますが、私は自分を名乗って、その発言に「責任を持って」初めて成立するものだと。絶対にその価値観は譲れない。

そして、テレビのレギュラーはほぼ消滅というのも腹立つ。

そのスポンサーとバカクレーマーに異常にビビるテレビの情けなさ。

いつからテレビは「視聴者引っ張るのでなく視聴者に引っ張られるように」なったのだろう? もうその時点で存在の価値無いよ。

これくらいで矢口サンを起用しない! とか言っているようじゃそりゃあネットに負けるわ。完全にお年寄りと子供だけのモノになるのは時間の問題。

私が起用の側だったら逆に使う。そして、その心の中までも伝える。

人間すべての行動には絶対に理由があり、結果がある。

それを散々ワイドショーで突っ込んできて、プライベートにも頭を突っ込んできたテレビが、こういう事があるとアリの大群が水を怖がるようにワサワサワサッと引いて行く。

実に格好悪い。

そして数ヶ月後、確実にしばらくしてどこかの局が起用しだす。すると、じゃあウチも! ウチも! と起用ラッシュが始まる……。ああ、本当に情けない。完全に弱いものに群がる虫。寄生虫。

視聴者の操り人形かッ!? 

もちろんそのバランスは必要だもと思います。スポンサーあってのテレビですから。でもね、スポンサー前のに視聴者へのメッセージ、魅力あるコンテンツがないと結局は破綻してしまう。そして、スポンサーさん(代理店)自身ももうちょっと強くなるべき。そう思っています。そして、同じレギュラーに出演していたタレントさん達がスルーしているのも恐ろしい。ずっと続けてきた仲間なのに、自分が可愛くて、言えば自分の立場も危うくなるからとスルーする。私はそんな人達が出ている番組こそに「ゾッと」してしまう。笑顔が噓に見えてしまう。食べ物をおいしいー! なんて言っているのも噓に見えてしまう。自分に矛盾を感じないのだろうか? そんな人達が宣伝する商品は信用ならん。

むしろ逆に、そういう風にスルーする人達が商品を紹介してお金をもらっているという事にクレームを出したいくらい。

皆様はどう感じますでしょうか?

今回の件で、地上波のテレビの「体質」がありありと見えてしまった。

そんな気が私はしています。

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  8. 8

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。