記事

ノマドワーカーたちは遊牧民らしく、そっと何処かへ消えていった

[画像をブログで見る]
あれほど日本中のネット業界に浸透した言葉の「ノマド」ですが、さすがは遊牧民といったところ。
彼らの多くはまだ、カフェや、無線が通じ、電源のあるところさまよい歩いているわけですが、そんな彼らに憧れを抱いていた人たちの熱も、静かに冷めつつあります。

今回は実際にノマドとなった知り合い4人の、いわゆる生々しい感想等をご紹介したいと思います。

ノマドとはなんだった?


[画像をブログで見る]
彼らは現在、3人がノマドをやめ、就職されています。もちろんそれが悪い事など誰も思いません。私も就職したいと思うことがあります。
別にフリーランスになることが悪いとか、そういうことではありません。

今回はこうした経験者から、安易にノマドワーカーとなって、甘く見ていた部分を共有させて頂きます。

「ノマドは遊牧民よりさらに下に飼われている羊かも・・・」

海外の記事でもよく見かけますが、フリーランスにとって、好ましい状態というのは、多くの収入源を持つことであると言われています。これは当然の結果でして、もし仕事自体の収入が大きなクライアントでも、1社や2社程度の元請けでは、その生活はとても遊牧民といえるような自由はなく、会社でいう平社員よりもさらに虐げられる事になるでしょう。

「どんどん羊の毛を刈られているような・・・そんな気分だった」
だからまず、多様化、大きくなくてもいいので、収入源の分散化を最初に考えないといけない。勿論、あの時それを最初に教えてくれる人など誰もいなかった・・・。とのことです。

「会社という小さな組織程度での競争で勝てない奴が、結局日本中、世界中を相手に競争できるわけがなかった」

どれほどの技術、どれほど特化したスキルを持っていても、仕事を引っ張るだけの競争力やネットにおいてプロモーションする力がないと、結局スキルを発揮することすらさせてもらえなかった、という事です。
「正直今の会社にいるほうが、技術を生かしてくれる上司に恵まれていて、自由に仕事をさせてもらえてる」と言います。
「なんでも自由は自由ではなく、その部分だけ自由でやらせてもらう事に感謝しなければならなかった」

「組織の中で大嫌いだった上司も、ノマドを経験してからはとても素晴らしい存在だと気がついた。彼らは監視し、注意し、どなったりもするが、それらをやった上で失敗した場合は、責任は全て上司がもち、守られている」

「大手クライアントはカフェ禁止も」

いやまぁ、考えればわかりますが、後で誰が見ているかも分からないノマドワーカーに、守秘義務の強い仕事をたのむことが出来ない、というわけです。また、案件によっては「クラウドの利用禁止」もあります。これもそれぞれの企業が抱えるコンプライアンスの問題となっています。

また、フリースポットでの無線LANなど信用に値せず、利用が限られてしまいますよね。
張り切ってMacBookAirを買った所で、使う場所なし、または容量に収まりきれなくなるパターンもあるわけですね。

「プライベートという存在が消えた」

これはノマドに限らず自宅や、事務所を抱えて仕事をしているフリーランスの方も同じではないかと思います。
例えば子どもと旅行に言っている最中でも、今月の売上が赤だった場合、とてもじゃないがゆっくりやすらぐ事など出来ないというわけです。

「心のどこかでやばいやばいと感じ、飲みに行ってお金を使うことすらためらうようになり、もし飲んでいても仕事のことばかり考えてしまう」という、危機感からくる精神的理由のプライベートロスト。

「会社がおわり、同僚と気兼ねなく飲みにいけるというのは、組織だから出来る事だったと痛感した」

もう一つが、「夜も、朝も、納期があれば関係ない。仕事がきたら日曜日も関係なくやらないと間に合わない」という、時間的なプライベートロストがあります。

「雑務処理の多さを甘く見ていた」

これはまぁ・・・。私も最初甘く見てましたすみませんすみません。
どんだけ口で説明しても、やれば一瞬でわかり、やるまでわかんないと思います。


もっと先を見るべきだったが後悔はしてないない


みなさんの反省点など共通する部分は上のような感じでした。
たんに、ノマドワーカーが自由で良いというイメージだけが先行していたのも事実ですよね。でも、それぞれにある思いの中で、「やらなきゃ良かった」という人は誰もいませんでした。

オフィスっていう職場がどれくらいありがたいかわかったし、同僚、上司がどういう存在なのかを再確認できたというご意見のほうが多く、ひとかわむけた感じがあります。その上で、再チャレンジを目指している人もいますし、色々軌道修正しながらノマドしている人もおります。

やってみないとわからない事を、やるだけやって満足している人も多いわけですね。
もうノマドという死語に反応する人もいないと思いますが、先駆者の声を共有出来ればと思います。

さて、あなたのノマドワークは遊牧民か、それとも羊か。

それでは、また。

※扉写真は羊ではなくヤギです。

あわせて読みたい

「ノマド」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  4. 4

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  5. 5

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    適切な言葉遣いは、身を助ける防具にも敵を排除する武器にもなる

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    09月16日 22:45

  8. 8

    【会見全文】野田聖子氏が総裁選出馬を表明「他候補者の政策に小さき者、弱き者を奮い立たせるものなかった」

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:14

  9. 9

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

  10. 10

    菅首相はもっと評価されていい 仕事師内閣らしい仕事ぶり

    早川忠孝

    09月16日 16:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。