記事

為替手数料ゼロ?!常識をくつがえした海外送金サービス「TransferWise」

1/2
画像を見る

海外に住む家族に仕送りを送金するとき、銀行の手数料が高いことに不満を持っている人は多いだろう。

2011年に設立された「TransferWise」は、そんな手数料の悩みに注目して、ユーザーの海外送金の手数料負担を大幅に引き下げた金融サービスを提供する海外送金サービスだ。

創業1年目の総取引額は1600万米ドル(約16億円)。創業者が元スカイプ社(現マイクロソフト社のスカイプ部門)の創業メンバーであったことから、「海外送金版スカイプ」と呼ばれ、既存の金融機関の事業モデルを変える新興勢力の一つとして注目されている。

元スカイプ社員のひらめき

TransferWiseを立ち上げたのは、エストニア出身のTaavet Hinrikus(以下、ヒンリンカス)氏。創業のきっかけは、彼がスカイプ社に勤務していたときにさかのぼる。

当時彼は、転勤先の英国から本国エストニアにいる家族へ仕送りをしていたが、毎回送金額の5%の手数料を支払わなければならなかった。銀行が内訳の詳細を開示しないため、一般ユーザーには非常に分かりにくい料金設定であることも不満だった。

そんな送金手数料の不満について、後に共同創業者となる友人Kristo Käärmann(以下、カーマン)氏に話したところ、彼も同じような境遇にあることが分かった。

画像を見る

ヒンリンカス氏(上図右下の人間マーク)は、ユーロで給与所得を得ていたが、ポンドで家賃の振り込みをする必要があった。反対に、カーマン氏(同左上の人間マーク)はポンドで給与所得を得ていたが、ユーロで住宅ローンを振り込む必要があった。

この時ヒンリンカス氏は、自分たちのような境遇の2人がマッチングされると、次のことができると思いついた。

まずポンドをもっているカーマン氏がヒンリンカス氏の家賃をポンドで支払う。次に、ユーロをもっているヒンリンカス氏がユーロで家賃相当額をカーマン氏に支払う。このやり方なら、銀行を仲介することなく海外送金できる。

マッチングのシステムはスカイプのアルゴリズムを応用した。また、インターバンク・レート(銀行間で取引される為替レート)を使えば、銀行で外貨を交換するときに生じる為替手数料も発生せず、安い手数料での送金も可能だ。

こう考えたヒンリンカス氏はスカイプ社を退職し、「TransferWise」を設立したのである。

為替手数料ゼロの海外送金!?

TransferWiseはどのように利用するのだろうか。ユーロ圏で働く父親が、米国にいる家族に仕送り(ユーロを米ドルに両替して送金)するという設定で、海外送金のシミュレーションをしてみよう。ユーザーは、マッチングを意識することなく利用することができる。

まず、トップ画面で送金金額と通貨単位、受取の通貨単位を入力する。送金や受取で選択可能な通貨は、米ドルや英ポンド、スイス・フランなどだ。それらの情報を入力すると受取金額が表示される。同時に、銀行で海外送金したときと比べて、どの程度手数料が安いかを知ることもできる。

画像を見る

たとえば、送金額を1000ユーロ、受取通貨を米ドルと選択したところ、受取金額は1281ドルで銀行を利用したときと比べて51ドル安いという計算結果が表示された。同サイトが銀行より51ドルお得なのは、インターバンク・レートを適用するため、銀行で外貨を交換するときに生じる為替手数料の負担がないからだ。

画像を見る

銀行とのもう1つの大きな違いは、TransferWiseでは手数料の内訳を明示していることだ。

あわせて読みたい

「Webサービス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。