記事

コンテンツマーケティング立ち上げの3つのテクニック

1/2

リンク先を見る

本誌でも登場頻度が増すコンテンツマーケティング。戦略的コンテンツマーケティング画像を見るなんて本も出て、嬉々として買って読んじゃったわけですが、あまりにも戦略レイヤーの話で個人的にはつまらなかった。インフォバーンの顧客開拓用の本で、導入検討企業を説得させる営業資料にしか思えませんでした。コンテンツマーケター向けではなく、コンテンツマーケティングの導入を検討している企業のマーケ担当者向けですね。

自分にとって目新しかったのは、CLO(Chief Listening Officer)を置いて顧客に耳を傾ける必要がある。という話くらい。なんでもCXOとか付けりゃいいというものでもない。

本書は戦略論に終始しており、読まれるメディアとして成立させるにはどういうコンテンツを出して、どう読者を定着させるかという具体的な視点に欠けているように見えた。(そこの提案がインフォバーンの価値になるはずなので、そこを省いているのは営業戦略上は正しいと思う)私なりにこういうコンテンツを出すと立ち上がりやすいだろうという話を、実体験を元に本稿で述べる。

*ちょっと長くなりました。4,000字くらい。

1:インフルエンサーとのコラボレーション記事

★流入チャネル:ソーシャルメディア

一番最初に出すと数字が取れやすいと思われるのが、インフルエンサーとのコラボレーション記事。具体的にはその(オウンド)メディアに関する事業領域と関わりのあるインフルエンサーの取材記事。

この記事をリリースする一番の目的は、そのインフルエンサーの影響力に相乗りして、ソーシャルメディアで記事を拡散してもらうこと。自分が取材された記事であれば、拡散してもらえる確率は高い(ただし、拡散することを強要してはいけないし、拡散してもらえないことも全然ある)記事制作過程からインフルエンサーを巻き込むコラボレーション。

■類似事例:PVに読者モデルを起用

ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略 “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス画像を見るという本のP71にPV・MV(プロモーションビデオ・ミュージックビデオ)に読者モデルなど「目指すターゲットに影響力のあるインフルエンサー」を起用して、You tubeの視聴回数を伸ばしていったという事例が紹介されている。その読者モデルが自身のブログで「この曲のPVに出演してる!」などと発信し、その経由での流入も見込める。

■The Startup事例:VCの赤本

この戦略を取ったコンテンツ群は「VCの赤本」といえる。著名VCを取材することで、彼ら自身にも拡散してもらい、彼らが所属するファームのHPにまでリンクをもらっている。これは読者モデルがPVに出演して、自身のブログで「PVに出てるよ!」とPRしてくれているサイクルと同じ。このシリーズは予想以上の反響であったが、連載モノは10本もやると飽きられてくるので、次の企画を考えないとな…。

2:読み手としてのインフルエンサーを呼び寄せる記事

★流入チャネル:ソーシャルメディア

1ではインフルエンサーと共同でコンテンツを製作しているが、知名度のないメディア(および書き手)がいきなりインフルエンサーに取材依頼をしても断られる可能性が高い。1の戦略はある程度メディアの認知度が高まってきた時にレバレッジを掛けるのに有用であり、最初はインフルエンサーを反応させるような記事を狙うのが現実路線だろう。

インフルエンサーの反応を狙うのは3パターン。

1:そのインフルエンサーに関連する鋭い分析
2:そのインフルエンサーに興味を持ってもらえそうな鋭い分析
3:そのインフルエンサーに関する事業の紹介

知名度が上がれば上がるほど3だけでも反応してもらえるようになるが、一般的には1や2の記事の方が質が高いため、バイラルする可能性はある。本当に3のパターンは面白くて、トラッキングしてみると

「当社のサービスが紹介されました!\(^o^)/」
「当社のサービスも紹介されました!\(^o^)/」
「当社のサービスが掲載されました!\(^o^)/」

というだけで記事の中身はサービスを羅列しただけで、インフルエンサー(そのサービスに関連する人)が嬉々として拡散しているだけで、記事に中身なんてない。バズっても多分滞在時間は短い。しかし、メディア側が知名度のないところからPVを取る戦略としては有用と言える。老舗メディアがやると格が下がりそうなので、注意したい。

そしてこういう記事をシェアしているのがどういう人なのか(自分に関連あるならともかく、自分に関連もなくシェアしているような人)はリテラシー低そうだなと思う。この行動でその人のリテラシーをデューデリできる。

■The Startup事例

1億円以上の資金調達に成功した28社のスタートアップ・ベンチャーにみる億単位のラウンドの共通項

これは正直狙ったというよりかは、あったら自分が便利だなと思って作ったのだが、結果的にこの戦略と合致している。振り返って読むと、だいぶ考察のレベルの低い記事だな…。並べるだけじゃ嫌で、強引に考察した気が。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。