記事

ドコモ、音声通話の定額制を1000円で開始か -- 他社携帯と固定電話も含めて定額に

日本経済新聞は、NTTドコモが他社携帯や固定電話向けの通話も含める音声通話の定額制サービスを2014年度をめどに標準サービスとして導入する検討に入ったと報じた。
他社携帯や固定電話を含めた音声通話定額制サービスは、ウィルコムが10分以内の通話が月500回まで月額980円で可能だが、3キャリアの中では初となる。

画像を見る
ドコモは音声通話を実現するにあたり、VoLTE(LTEネットワーク上でのIP通話)を導入する模様。
NTTドコモは2011年11月にもVoLTEの将来的な導入に言及しており、それがいよいよ実現する段階になったということになりそうだ。
この仕組みを導入する背景として、音声通話で使用している旧世代ネットワークである3Gとデータ通信で使用しているLTEへの二重通しを避けたい思惑があるようで、VoLTEによる音声通話を標準化させたいものと思われる。

ドコモの音声通話料収入は12年度で1兆2746億円。全体の収入に占める割合は約3割にあたる。
12年度の1契約当たりの平均通話料関連収入は月1730円で、仮に通話料収入が1000円になった場合には単純計算で1000億円程度の減収になる。(12年度の契約数6100万人で計算)

SkypeやLINEなどでVoIPを利用した無料音声通話はすでに実現しているが、キャリアがやるとなれば全くの別物となるだろう。通話品質も高いものが期待できそうだ。

他社追随は間違いなさそうで、音声通話定額の時代に突入しそうだ。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  10. 10

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。