記事

「和解」困難化の事情

紛争解決に当たり、弁護士が一番苦労するのは、依頼者の説得であるということを、「弁護士の心労」というタイトルで、小野智彦弁護士が最近の自身のブロクで書いていらっしゃいます。和解という、いわば落とし所を、専門家として見極めた双方の弁護士が、回れ右して、それぞれ依頼者の説得を試みる局面。諦めの説得にならざるを得ないこの局面は、その提案の妥当性や、その紛争で当事者が抱えている現実によるとはいえ、弁護士に対する失望や、さらには、妥協が生まれる双方弁護士の関係への疑念につながりかねない場面であることは以前も書きました(「『弁護士次第』という疑念と誤解」)。

 ところで、この小野弁護士のブログエントリーには、次のような気になる一文が出てきます。

  「ひと昔前と比べると、代理人同士の信頼関係が薄れてきたこと、依頼者が弁護士のアドバイスを容易く受け入れないようになってきたこと、これらにより、圧倒的に和解率が下がってきて、無用な裁判が増えてきたという実感が、私のみならずある程度の経験のある弁護士の共通の実感だと思います」

 これが意味することは、どういうことでしょうか。「代理人同士の信頼関係」というのは、前記したような依頼者が双方弁護士の関係に抱く疑念の裏返しの話で、信頼関係はむしろ交渉や和解をスムーズに進める、当事者にとってのメリットもある、という、弁護士からはよく聞かれる主張につながっています。その関係性が薄まっている。その一方で、依頼者が以前よりも説得に応じなくなっている、ということのようにとれます。そのために和解が困難になり、「無用な裁判」が増えている、と。

 実は、これは、小野弁護士が指摘するように、ここ数年、多くの弁護士から聞かれ、まさに「共通の実感」ではないかということを、まさに実感している点なのです。問題はなぜ、こういうことになっているのかです。

 端的に言って、ここから推察できることを羅列すれば、弁護士増員政策の影響ととれる、弁護士の「質」としての、能力的意識的なバラツキあるいは低下、それによって弁護士の共通言語ともいうべき、共通の法的な判断基準で話し合い、結論を導き出す関係性が崩れてきていること、弁護士の経済的環境の変化とともに表れている、弁護士が過度に依頼者に迎合する傾向、サービス業としての弁護士が認識されるほどに生じている、依頼者の過度な要求の強まり――ということになります(「回避される依頼者の『説得』」 「法律相談無料化の副作用」)。

 小野弁護士は結論として、これらはいすれも弁護士側の問題であり、弁護士側の研鑽によって越えていくべき問題と受けとめています。弁護士側のとらえ方として、能力や意識によって、克服できる面がある以上、そのこと自体は正しいご意見というべきかもしれません。

 ただ、それですべてが変わるのでしょうか。少なくとも現実的にこの傾向に歯止めがかかるのでしょうか。個々の弁護士の努力だけではどうにもならない、弁護士がおかれている環境の問題、その大きな変化をどうしても無視できないように思えます。一番肝心なことは、いうまでもなく、その先に待っているものが、和解の困難化と無用な裁判の増加という、個人にとっても、社会にとっても、大きなマイナスになる現実だということです。この現象を、「改革」の負の影響、あるいは「実害」として見る視点もなければならないように思えるのです。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。