記事

本当はこういうことが言いたかった

もう既に沈静化しつつあるっぽいし、触っても大丈夫でしょうか。



お詫びする場面でよく聴くフレーズに「~~と言うことが言いたかった」というのがあります。この引用したツイートにも使われていますが。これ、詫びられる相手からしたら「え? で?」としか言えないですよね。だから何? って。

お詫びするときに「~~ということが言いたかった」というのは、不快感を覚えた相手からしたらまったく不必要な情報です。相手にとって不必要な情報だということは、あくまで詫びる側の都合の文言なのですね。「~~と言いたかった」というのは、うまく伝わらなかったというコミュニケーション手段を問題とする言い回しで、自分自身は悪くないよ、ということになります。また、コミュニケーションが双方向のやり取りですから。双方に問題があるというニュアンスも含んでしまう。つまりは自己弁護であり保身したい気持ちの表れなんです。この引用ツイートの場合、自分のことを『男性』と括ることで非の在り処を分散させている辺りに保身したいが滲みですぎちゃってますけれども。

そういうのって結構伝わってしまうもので、保身が伝わると謝意は見えなくなる。望ましくないことですよね。

よく言ってしまいがちなフレーズではあるんですが、そういうことを意識しつつ言葉を選ばなきゃな、と思わされるのでした。お詫びって難しいものです。

あわせて読みたい

「VERY」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。