記事

付き合いきれないもの

これぞ保守本流?! 自民党元重鎮がまた「赤旗」で吠えた(産経新聞) 自民党の古賀誠元幹事長が日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」日曜版(2日付)のインタビューに応じ、安倍晋三首相が目指す憲法96条改正に真っ向から反論した。政界から引退したとはいえ自民党の元重鎮が共産党機関紙にわざわざ登場するのは、今年1月20日付「赤旗」日曜版で慰安婦問題をめぐる安倍首相の姿勢を批判した加藤紘一元幹事長以来。古賀、加藤両氏とも「保守本流」を自負する自民党派閥「宏池会」に身を置いていたが、革命政党の広報紙で“身内”の足を引っ張るが如く吠えることが保守本流というのか−。

(中略)

 しかし宏池会は本当に保守本流なのか。マスコミの多くは「宏池会は保守本流の名門派閥」と紋切り型で表現しているが、筆者は以前から違和感を持ってきた。宏池会は、古賀氏といい、赤旗に1月に登場した加藤氏といい、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」(平成5年)を出した河野氏といい、「ハト派」を超越した“左派”の重鎮を量産してきたのだ。

 

 ……色々と昨今の世相を反映する記事が、産経新聞に載っています。この「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の前会長である古賀誠のインタビュー、元々は赤旗に掲載されたもので、当の赤旗では「載ってます!」と宣伝するものの記事の内容まではweb上で公開していないのですが、リンク先の産経新聞では(改竄がなければ)全文掲載されています。いいんですかね、政党機関誌と言えど有料新聞の非公開コンテンツを全文掲載しちゃって? まぁ共産党側からすれば、むしろ勝手に宣伝してくれてありがたいくらいではないかと思われないでもありませんけれど、果たして産経新聞が赤旗に転載の許諾をもらっているのか、ふと疑問に思うところです。

 それはともあれ、昔年の自民党で保守本流と呼ばれ中核を担ってきた人々は、現在の基準では「左派」になってしまうようです。むしろ古い自民党が中道右派くらいで、現代の民主党が右翼政党、小泉以降の自民党が極右政党、維新は狂人の集まりぐらいに見ておくのが正しいように思えるのですが、保守本流とは似ても似つかぬ真性/真正保守なる類が中央に立つと、民主党なんかよりもずっとハト派色が強かった保守本流時代の自民党政治家は「左派」になってしまうのでしょう。昔の自民党を知らない、あるいは忘却している人々にとっては、そういうものなのかも知れません。

 自民党を批判するにしても、「いつの」自民党を批判しているのかは意識されるべきものと思います。とにかく自民党と名の付くものを叩いているだけの人に付き合っても何ら得るところはないですし。そして主流派が現代の感覚で「左派」と呼ばれるような時代の自民党と現在の自民党、「古い自民党」などと呼ばれた頃の自民党と「自民党をぶっ壊す」と叫んだ誰かさんが台頭してからの自民党、国民から愛想を尽かされて政権を追われた頃の自民党と、再び舞い戻った自民党、それぞれ受け継がれているものもあれば、むしろ相反する、矛盾したものも多々あるはずです。そんな「自民党」の「いつ」を批判しているのか、それに無自覚な主張は常に空疎です。

参考、私は「新しい自民党」が嫌いなんです

 結局のところ、前政権即ち民主党が敵視してきたものは「自民党をぶっ壊す」と叫んだ誰かさんが標的として掲げたものと変わるところがなく、ゆえに政権運営もまた小泉改革路線を踏襲したものに過ぎなかったと言えます。自民党への批判票を取り込んで誕生した民主党政権でしたが、そこで批判されていた「自民党」とはいったい「いつの」自民党であったのやら。そして今の政権を批判しているつもりの人々が論じているのは「いつの」自民党なのか。「自民党をぶっ壊す」時代の自民党を批判しつつ、敵視するものは小泉と変わらない党に肩入れしたり、あるいは構造改革路線を批判しつつ古い自民党のそれに近いところへ回帰しようとしている現政権の経済政策にダメ出しする――そんな立場の人もチラホラいるように思いますが、何とも足下の定まらないことです。

 ちなみにTPP「交渉」参加問題の争点の一つである農業関係でも、「農業」を守るのか「農家」を守るのか、その辺をろくに考えていない主張が目立つように思いますね。例えば先進国であると同時に農業大国である例としてはアメリカとフランス辺りが挙げられますけれど、いずれも農業人口の占める割合は日本よりも格段に低いわけです。先進国であることと農業大国であることを両立させているアメリカもフランスも、「農家」の数は少ない、日本よりも少ないのです。逆に日本は全体として農業は強くないけれど、農家の数は決して少なくない、と。

 そこでまぁ、今後も小規模農家が細々と暮らしていけるようにチマチマと補助金を配っていくのか、それとも農業を産業として育てるために農家を厳選していくのか、どちらの立場にも一定の妥当性はあると思います。一方で、この辺が明確でなくただただ保護主義を訴えるだけ、外国(企業)の脅威を煽るだけの言説には、ひたすらに不毛なものを感じるわけです。利害関係者が自身(業界)の利益のために訴える言葉には説得力があるけれど、むしろ何の利害関係も絡まない、しがらみがないはずの人の口から出てくる言葉の方にこそ、付き合いきれないものが多々あるのではないかと、そんな気がしています。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  7. 7

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  8. 8

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  9. 9

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  10. 10

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。