記事

「学生流動化」により、大学の競争力を高めよう

大学をもっとよくするためには、色々なアイディアがある。

l  秋入学への変更

l  単位さえきちんと取得すれば、2年~4年でいつでも卒業

l  就活は卒業後に行う

l  学生ローンの導入

l  学生の評点による教師の評価

等々である。ヨーロッパで真剣な取り組みが行われている「学生流動化」の問題も、その1つである。

エラスムス計画に学ぶ

EUにはエラスムス計画というものがある。欧州委員会や文部科学省の資料によると、エラスムス計画は、EUの人材養成計画、人材交流計画の一環を成すもので、大学間交流協定等による共同教育プログラムを積み重ねることによって、ヨーロッパ大学間ネットワークを構築し、EU加盟国間の学生流動化を高めようという壮大な計画であって、1987年6月に正式決定された。一般には、エラスムス計画は、次の4期に大別されている。

n  第1期(1987年~1995年)

年間約3,000人の学生交流(12カ国の300大学程度が参加)、約1,000人の教師交流からスタート。

n  第2期(1996年~2000年)

ソクラテス計画に含まれる。学生交流をはじめとする9つの事業から成る。

n  第3期(2001年~2006年)

ソクラテスII計画に含まれる。ソクラテスII計画の期間内の予算は約18億5千万ユーロ(この内約50%がエラスムス計画)。学生交流を中心に8つの事業から成る。

n  第4期(2007年~2013年)

EUの生涯学習行動計画に含まれる。生涯学習行動計画の期間内の予算は約70億ユーロ(この内約40%がエラスムス計画。エラスムス計画予算の内80%以上は流動性の向上)。2012年までに1987年から数えて累計300万人の交流達成という数値目標が掲げられた他、学位の透明性、適合性の向上などが盛り込まれている。

エスラムス計画予算の大宗を占める学生流動化予算の内訳は、往復旅費、語学学習費、滞在費(自国と相手国の生活費の差額)の助成などが主なものである。

エスラムス計画の目的は、次の5点に集約される。

1.  EU全体として人的資源を養成・確保すること

2.  世界市場でEUの競争力を向上させること

3.  加盟国の大学間の協力関係を強化すること

4.  EU市民という意識を育てること

5.  域内での協力事業への参加経験を学卒者に与えること

一言で言えば、「大学生に勉強させ」、「大学を強くし」、「EUの競争力を高める」ことが、その狙いであるが、他のEUの諸政策と同様、その視野の高くて広くて長いことに改めて驚かされる。

なお、欧州以外の地域との学生交流については、主として修士課程と博士課程を対象に、2004年から、エラスムス・ムンドゥスというプログラムが実施されている。これに参加すると、EUの複数の大学で履修し、ダブルディグリーあるいはマルティプルディグリーを得ることができる。もちろん、エラスムス・ムンドゥスでは、奨学金制度も充実している。

ところで、諸外国の優れた制度や文物を取り入れ、わが国の実情に合わせて上手く改善し、活用するのは、日本人のお家芸である、と言われてきた。エスラムス計画も換骨奪胎してみようではないか。

地域別に共通単位を設定し、学生流動化を図れ

わが国で大学が集積しているのは首都圏、中京圏、関西圏である。まず、これらの地域別に、有志の大学間で大学間交流協定を結び、共通単位を設定する。関西圏を例にして具体的に述べれば、例えば3大都市を代表する大阪大学・京都大学・神戸大学で協定を結び、経済学部であれば(もちろんどこの学部でもいいが)、必要単位の3割~半分程度(もちろん将来的には全部でもいいが)は3大学のどこで履修しても卒業できると保証すれば、それで事足りる。そして、スタート時点では、この共通単位を履修できる学生を、例えば各大学の成績順に上位30%に限るというような仕組みを作っておけば、学生が必死に勉強するインセンティブが生まれることになる。

このような学生流動化のシステムを導入すれば、就活に際しても、「どの大学を卒業したか」ではなく、「大学で何を勉強したのか。そして、その結果、成績はどうだったのか」が問われることになり、現状の一部の学生に見られるような「一流大学に入ったら勉強はもう終わり」といった嘆かわしい風潮は姿を消すだろう。

共通単位による学生流動化は、学生の勉学意欲を高めるだけではない。同時に教師の教育に対するインセンティブを高める効果がある。本当に真剣に教育に取り組む教師の下には、自然と大勢の学生が集まるようになるだろう。定員を超過した場合は、試験で選抜すると決めておけば、さらに学生の勉学に対するインセンティブが高まる。逆に、教育を疎かにする教師からは、学生が自然に離れていくだろう。そのような教師は、当然のことではあるが、評定(研究ではなく、教育に相当する部分の評定)を下げればいい。教育にも健全な競争原理が必要なのだ。

また、修業年限を2~4年と自由に設定すれば、学生の中には、例えば4年でダブルディグリー(法学士と経済学士など)を取る学生も出て来るだろう。わが国の将来にとって、このような学生が出て来ることは、とても望ましいことである。なお、地域別の交流協定から始めるのは、学生の移動に伴う旅費や時間、滞在費などを考慮したものであるが、例えば、夏休みや冬休みを利用して、多少の遠隔地であっても、集中講義などで共通単位に対応する方法も十分考えられる。異なった土地で学ぶこと自体が、学生にとっては良い勉強になるだろう。このような共通単位制が軌道に乗れば、わが国がイニシアティブを取り、例えば、鑑真プロジェクト等と名付けて、将来的には日中韓3国の大学間で、共通単位制を試みることもあってもいいだろう。

全ての鍵は、企業が握っている

共通単位制による学生流動化を成功させる最大の秘訣は何か。それは、企業が学生を採用する際に、「どの大学を卒業したか(正確には入学したのか、と言うべきかも知れない)」ではなく、「何を一所懸命、勉強したか」と執拗に問い続けることである。企業が採用に際して、学力を厳しく問い続ける姿勢を示しさえすれば、自ずと学生は必死に勉強するようになり、教師は必死に授業を行うようになるのだ。

それが、現在の一部の企業の採用に見られるように、「クラブ活動は何をしたのか」や「アルバイトで何を学んだのか」を面談で訊ねるようであれば、自ずと学生は(勉学ではなく)クラブ活動やアルバイトに精出すことになるだろう。そして、当然の事ながら、教師は教育に対する情熱を失うだろう。若者のふるまいは、大人の世界を映す鏡そのものなのだ。

一刻も早く、学業を妨げる青田買いを廃止して、わが国の採用慣行を卒業後に就活を行うシステムに切り替える必要があると考える。わが国の大学で最高ランクの東京大学の順位は30位(2012年、Quacquarelli Symonds Ltd.調べは)、一方、わが国のビジネスの国際競争力は27位である(2012年、IMD調べ)。わが国のビジネスの国際競争力の先行指標である大学の競争力強化、即ち、「必死で勉強する学生を産み出すこと」は、焦眉の急であると思うが、どうか。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。