記事

インターネット上の出身地について

インターネット上には出身地が存在している。2ch出身だとかアメブロ出身だとか、それぞれの出身地にはカルチャーがあって、多くのユーザーは自分の出身地のカルチャーがすべてだと考えている。

彼らにはそれぞれに特性があり、例えば2ch出身者は「クズな行動を肯定する」「ミスを叩く」みたいな傾向がある気がするし、はてな出身だと「とにかく知識人ぶる」「英語を勉強する方法を勉強する」みたいな傾向があるのかもしれない。原発だとかヒッグス粒子だとか、なにか話題になるたびに前から知っていたふうのそれっぽいtweetしているのをtiwitterでみたりすると「一生懸命調べてつぶやいてるのかなー。はてな出身っぽいなー」とか思ってしまう。実際はよく知らないけど。

「住民」と書かずに「出身」と書いているのだから、当然、出身地に対する現住所が存在している。昔は、それこそmixiだとかの全盛期などは、住み分けられたユーザーたちの民族大移動が起こるだなんて、想像しづらかった。しかし、当たり前のように数年おきに乗り換えられるコミュニケーションプラットフォームの中で、いろいろな出身地からの新規ユーザーが摩擦を起こしていたりする。twitter上で「相互followしないのはマナー違反です」だとか「つぶやきすぎなので、もう少し頻度を落としてください」だとか言われて晒されていたのは、たぶんmixiかどっかの出身地のユーザーがカルチャーを引きずって起きていたことなのだろう。

初めて触れたインターネットコミュニティというのはその後のネット人生に大きく影響を与えている気がしていて、ニコ動か、小町か、デコログか、ネトゲか、そこで染み付いた考え方だとかはなかなか抜けないと思う。僕も「ネット上ではテキトウなことを言いまくって良い」みたいな考えがあって、平気でどうでも良い嘘を書いたりもしていたのだけれど、あれも「ネット上の情報は取得する側が勝手にフィルタリングすれば良い」「面白いものが正義だ」みたいな前提での、どこかで染み付いた勝手なカルチャーだと思う。

こういう風に、いろいろな地方出身者が化学反応を起こしているいまの状況は凄い面白い。自分の知らないコミュニティの文化は興味深いし、そもそも、cookpadやgreeだとかでどんな文化が形成されているのか、よく知らない。テクノロジーマッチョの巣窟だった頃のtwitterで、顔文字を使っていた人を始めてみたときに結構衝撃を受けた覚えがあるのだけれど、いろいろなカルチャーがどんどん摩擦熱を発生させれば良いと思う。面白いものが正義だ。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。