記事

アングロサクソンは「歴史のダーク・サイド」を否定していいのか?〜国際連合(United Nations)における正義の議論の非対称性について検証

1/2

国連の拷問禁止委員会の見解は、旧日本軍の慰安婦をめぐって「強制連行を示す証拠はなかった」という政治家らの発言を問題視し、日本政府に明快な対応を求めています。

橋下発言批判、日本批判の急先鋒は同委員会のギアー副委員長、アメリカ人です。

国連のサイトで拷問禁止委員会のメンバーは10人であることが確認できます。

Committee against Torture - Membership

http://www2.ohchr.org/english/bodies/cat/members.htm


英語版wikipediaによればギアー副委員長は46年生まれの白人女性であります。

Felice D. Gaer (born 1946)

http://en.wikipedia.org/wiki/Felice_D._Gaer


朝日新聞記事によれば彼女はかなりきつい調子で橋下発言を批判しています。

(前略)

ジュネーブで31日記者会見した委員会のギアー副委員長は、慰安婦制度について、橋下氏が他国の例を挙げながら「『戦時においては』『世界各国の軍が』女性を必要としていた」と釈明したことについて、「どんな状況下でも、虐待や人間性の否定が必要だということはありえない」と述べた。

米国出身のギアー氏は日本審査の議長を務めた。5月21日の審査では、慰安婦制度について「必要だった」「強制連行を示す証拠はない」などとする橋下氏の発言を取り上げ、「商業的な人身売買のように見えるが、軍の管理下だった。施設を離れられず、司令官の命令に従う必要があったという歴史的証拠から(慰安婦たちに)このシステムへの同意はないことは明らか」「典型的な否定論者の説明だ」と批判していた。

(後略)

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305310853.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201305310853


・・・

さて今回は国際連合(UnitedNations)における正義の議論の非対称性について、触れてみたいです。

BLOGOSに木村正人氏の興味深い記事が掲載されています。

安倍首相はよりプラグマティックに、「右傾化」懸念を一掃せよ

http://blogos.com/article/63462/?axis=b:28585


その中で英キングス・カレッジ・ロンドンの講師の発言を抜粋してご紹介。

日本と同じく第二次大戦で敗戦国となったイタリア出身のパタラーノ氏は「国を愛するということは、歴史から目をそむけないことだ。歴史のダーク・サイドも直視する。否定することからは何も生まれない」と指摘する。


うむ、「国を愛するということは、歴史から目をそむけないことだ。歴史のダーク・サイドも直視する。否定することからは何も生まれない」とは、大変重い言葉です。

全面的に同意いたします。

ただし、この言葉は日本だけでなくすべての国にあてはめられなければなりません。

過去の「歴史のダーク・サイド」な問題は日本の従軍慰安婦問題だけではありません。

ここに国連総会第61 会期 2007 年9 月13 日採択された「先住民族の権利に関する国際連合宣言」の(仮訳)があります。

第1条だけご紹介。

第1条 【集団および個人としての人権の享有】

先住民族は、集団または個人として、国際連合憲章、世界人権宣言および国際人権法に認められたすべての人権と基本的自由の十分な享受に対する権利を有する。

http://www.un.org/esa/socdev/unpfii/documents/DRIPS_japanese.pdf


この「先住民族の権利に関する国際連合宣言」は、上記第1条にうたわれているとおり、これまで歴史的に弾圧されてきた世界各地の先住民族に対してその「人権と基本的自由の十分な享受に対する権利」を保障する宣言であり、基本的には何ら法的拘束力を持つものではない、ただのメッセージであります。

当然ながらこの宣言は圧倒的な賛成多数で採決されます。

国連サイトで投票結果が確認できます。

UNITED NATIONS DECLARATION ON

THE RIGHTS OF INDIGENOUS PEOPLES

Adopted by the General Assembly 13 September 2007

The Declaration on the Rights of Indigenous Peoples was aopted by the General Assembly on Thursday September 13, by a vote of 144 in favour, 4 against and 11 abstensions.

United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples (A/RES/61/295)

http://www.un.org/esa/socdev/unpfii/en/declaration.html


注目いただきたいのは、"by a vote of 144 in favour, 4 against and 11 abstensions"、つまり「先住民族の権利に関する宣言」に144票が賛成の中、4カ国だけ堂々と反対をしてる点です。

調べれば、国連サイトのこのページの後ろの方で各国の投票行為の詳細が載っております。

http://www.un.org/News/Press/docs//2007/ga10612.doc.htm

あわせて読みたい

「国連」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  6. 6

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  9. 9

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  10. 10

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。