記事

【読書感想】「やりがいのある仕事」という幻想

1/2
リンク先を見る

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人々は、仕事に人生の比重を置きすぎた。もっと自由に、もっと楽しく、もっと自分の思うように生きてみてもいいのではないだろうか。成功するとはどういうことか?良い人生とは?すり切れた心に刺さる画期的仕事論。人生を抜群に楽しむための“ちょっとした”アドバイス。

現在は「仕事は1日、1時間」という、「逆高橋名人状態」で、趣味に明け暮れているという森先生の仕事論。

大学の工学部から、研究生活に入り、「長年、仕事中に『もう家に帰りたい』という気持ちになることもなかった」という著者の話を読んでいると、「客観的」「抽象的」であることに感心するのと同時に「僕は森先生みたいには生きられないからな」と嘆息してしまうのも事実です。

いや、森先生は、そういう僕に対して、「生きられない」のではなくて、「生きようとしていない」だけなんだろ?と仰るのではないかと思うけれど。

そういう反発を感じてしまうのは事実なのですが、そういうふうに「読者に媚びない」のが、森先生の異質なところでもあり、刺激を受けるところでもあるんですよね。

 そもそも、就職しなければならない、というのも幻想だ。人は働くために生まれてきたのではない。どちらかというと、働かない方が良い状態だ。働かないほうが楽しいし、疲れないし、健康的だ。あらゆる面において、働かない方が人間的だといえる。ただ、一点だけ、お金が稼げないという問題があるだけである。

そう、問題は「ただ一点だけ」なんですよね。

実際は「本当に働かずに遊んでばかりいて、遊ぶことを楽しく感じられるのだろうか?」などと僕などは考えてもみるのです。

でも、そういう考え方こそが、長年の「洗脳」の結果なのかもしれません。

あるいは、森先生的な考え方をすれば、「それは『仕事』をしてから『遊ぶ』という、ワンセットの『娯楽』なのだ(遊びをいっそう楽しく感じるための準備として仕事をすることも含めて)」ということなのかも。

そして、「仕事は大変」という「大人の概念」に対しても、こんなふうに疑問を呈しておられます。

 大人の何が楽かといって、仕事は辞められるが、子供は学校は辞められない。また、事実上、子供の自由で学校は選べない。大人は仕事を選べる。これだけを取っても、子供のほうが過酷である。仕事は基本的に自分の得意な分野であるはずだ。一方、学業は、不得意なものでも、(特に小さい子供ほど)しっかりと向き合わなければならない。

ああ、これは僕にもわかるような気がします。

僕はいまでもたまに、小中学校時代、大嫌いだった体育の時間に団体競技で失敗して白眼視される夢をみるのです。

大人になって、たしかに仕事はつらいし、当直とかやっていると何もかも捨てて逃げ出したくなるときもあるけれど、いざとなれば、本当に逃げ出すという手もありますしね(まあ、その日の当直くらいはなんとかやり過ごさなければなりませんが)。

子供の頃は、「どうしてもイヤなら、逃げ出す」という選択肢があることすら知らなかった。

最近、大人たちは、「子供たちよ、逃げてもいいんだよ」って言うようになってきました。

僕は、そう思っていました。

でも、実はその言葉は「大人たちが、大人にしか聞こえない場所で、そう言い合って責任逃れをしている」だけで、子供には届いていないのかもしれないなあ。

大人になれば、体育の授業には出なくていいし、嫌いな食べものは注文しなければいい。

僕も「子供の頃に戻りたい」とは思いません。

息子をみていると、「あの走り回っても疲れない身体が羨ましいなあ」とは感じますけど。

あと、大学教員の経験の長い森先生が「学生というのは、自分自身の向き不向きを、意外なほどわかっていないものだ」と書かれていたのが印象的でした。

 人と話をすることが好きだ、という人は、自分が話すことが楽しいと感じている。こういう人は、相手からは、よくしゃべる奴だと思われている場合が多い。一方、自分は思っていることをなかなか話せないという人は、相手に対して、よく話を聞いてくれる信頼できる人という印象を与えやすい。「人を騙すようなことはできない」という印象が、仕事ではプラスになる。営業の仕事で最も大切なのは、信頼を得ることであって、調子良くしゃべることではないからだ。

 このように、自分で自分が何に向いているのか、ということはけっこう難しい判断なのである。人間は、自分を客観的に捉えることが不得意だ。仕事で発揮されるような能力の多くは、あくまでも外面的なものであって、内面的な性格はほとんど問題にならない。極端な話、「振り」ができるかどうかが大事な場面ばかりだ。

「優秀な営業マン」について、中島らもさんが、こんな話を書いておられました。

『中島らもの特選明るい悩み相談室・その2~ニッポンの常識篇』(中島らも著・集英社)より。

(「上司に『君の顔は営業向きでないから、なんとかしなさい』と言われて困っている」という女性の悩みに対する答えの一部です。中島さんの「自分は相手の言いなりにすぐなってしまって、営業マンとしてはダメだった」という述懐のあとに)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  7. 7

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。