記事

大量の資金を持つ金融のプロには勝てない

年が明けてから経済の話題と言えば株高と円安である。

円もどんどんと円安に振れ、それに呼応するかのように株が上昇していくその背景に日銀の大幅な金融緩和が見られた。

金融緩和の中で生じた資金が、まずは株に向かったのであろうが投資や雇用など経済の実態、企業の業績、あるいは国民の所得が変わらないまま株だけが異常に上がるという状況はどこかで株価が大きく崩れる危険があるというのは常識である。

多くの経済評論家も5月の連休明けには外国ファンドの利益確定がなされる中で必ず一度値を下げるだろう予想してきた。

正にその5月、連休が明けても株はまだ上がり続けていたが、去る5月23日、突如1,000円を超える大幅な下げを記録して、それまで1万5000円台から1万6000円台に届くと思われた株価が5月31日には1万3000円台という大幅な下落を見せた。


6月、7月とまだこれからどう展開していくかは予想がつかないところであるが、言える事は日本のマーケットは世界の中でまだまだ資金が豊かであると見られているから、日本のマーケットをうまく利用して、何年にも渡って金融のプロであり巨大な資金を持つ外資が大儲けをしているという事に全く変わりはない。

彼らは必ず底値で買い上げ、そこから色々な手段を使って株価を上げだす。

今回も金融緩和でマスコミが浮かれ出したのを背景に大きく株価を吊り上げ、そして多くの国民を「これなら少しこの流れに乗ろうか」と引きつけておいたあとで、突然、思い切り下げて大儲けをするという事がまたしても行われた。



かつてのように伸びる、あるいは安定した業績を誇る企業の株を持ち、その配当で豊かな生活を、あるいは安定した生活をと望む国民で成り立ってきた日本のマーケットは、いつの間にか株の売買で大儲けをすると考えるようになり、まさに外資の狙うところとなってしまった事を忘れてはならない。

大量の資金を持つ金融のプロには、やはりこうした博打場では勝てないという事を肝に銘ずるべきである。

やはり多くの国民を幸せにする為に政治が取り組むべきは経済成長戦略しかないのである。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  9. 9

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。