記事

衆議院本会議で自衛隊法一部改正案について質疑

1/2

 今日は衆議院本会議で登壇しました。自衛隊法の一部改正の法律案について質疑するのが目的でしたが、私は国益だけではなく地球益や人類益も追求し、尊敬される国になることが、安全保障にもつながる真の国益になることを、自分自身の経験も交えて訴えることをテーマにしました。


画像を見る

 20年前の5月23日は、演説でも話したカンボジア総選挙の投票日でした。歴史的な一日をともに過ごし、今はJICAで平和構築専門家としてエジプトに勤務している黒田一敬さんをはじめ、多くの方々から温かいメッセージを頂いたこと、感謝しています。
 

 今日の原稿、そのまま紹介します。


日本維新の会の阪口直人です。自衛隊法の一部を改正する法律案について質問するとともに、関連して海外における自衛隊の活動を、国際社会の平和に貢献することで安全保障につなげるにはどうすれば良いかという視点で質問させて頂きます。

アルジェリアにおけるテロ事件の発生を受けて、事件への対応を検証し、在外邦人の輸送に関して速やかに現行法の不備を是正するべく対応していること、評価したいと思います。テロ事件を受けて検討委員会を立ち上げたプロセスをご説明頂き、また、今回浮き彫りになった課題は何だったのか、まずは防衛大臣にお聞かせ頂きたいと思います。

今回、新たに規定される自衛隊による「車両」での輸送については、従来の航空機や船舶による輸送に比べると、危険に直面する可能性が高まると想定されることから、その実施に当たっては外務大臣・防衛大臣が輸送の安全が確保されているか否かを判断することとされています。では、どのような基準によって判断を行うのでしょうか? アルジェリアのような国において、判断の根拠になる情報を収集する術を持っているのでしょうか。今回、明らかになったようにアルジェリアでは情報収集を行う十分なパイプがありませんでした。研究者やNGOのネットワークを使ったり、政府同士では十分ではない部分を議員外交で補うなど、あらゆる資源を総動員して情報を取る体制を構築した上で、近い将来は情報収集のための専門機関の設立も必要だと思いますが、外務大臣、および防衛大臣の見解を伺います。

さて、車両による輸送を行う際には、武装勢力などから襲撃や妨害を受けるなど、不測の事態が発生する可能性があります。一方で、武器使用にかかわる規定は現行の憲法解釈で許されている範囲内で対応することになっています。例えば、自衛隊が保護対象者の輸送活動中に、偶然邦人が襲撃を受けている状況に遭遇した際にはどうするのでしょうか。私自身、カンボジアでの平和構築活動中に武装勢力から銃撃を受けた経験があり、当事者としての意識を持っています。必要と判断すれば駆け付けて、武器を使用して救出することはできるのでしょうか? このような状況で自衛隊が素通りするしかないならば、人道上も、国家としての尊厳を考えても問題だと思いますが、防衛大臣の見解を伺います。

今回の法案改正に向けた対応は迅速だったと思いますが、これまでの自衛隊の海外活動の検証は、十分に行われているとは言えません。

私は、紛争後の平和構築という分野に長く関わってきましたが、1992年~1993年にかけて、自衛隊を初めて海外に派遣したカンボジア、および、1994年から翌年にかけて、2番目に派遣したモザンビークにおいて、国連の平和維持活動に参加していました。カンボジアにおいては1993年5月に実施された憲法制定議会選挙を自由公正に実施するため、ベトナム国境に近い山岳少数民族の村を拠点に、選挙指導員として活動していました。

カンボジアへの自衛隊派遣は、まさに国論を二分する議論の末に決まりました。日本政府は当時のカンボジアでは比較的安全と言われたタケオ州に施設大隊を派遣して道路の補修を行っていました。私自身、自衛隊の活躍ぶりをこの目で見たいと思い、何度か現地にも足を運びましたが、隊員の方々は本当に真摯な姿勢で任務に取り組んでいること、日本人として誇りを覚えました。任務は、各国部隊がPKOの任務を果たすために必要な簡易舗装を行うということでしたが、「もっと日本の技術を活かして本格的な道路を作りたいんだよ!」と、おっしゃる方も多くいました。

もっとも、当時のカンボジアは現在とは比較にならないほど危険な状況でした。自衛隊の活動地域にも地雷や不発弾が埋設されているリスクがありました。最初のPKOでもあり、今後の国際貢献の方向性を決める上でも全員が無事任務を遂行して帰還することが大きな責任であったと思います。過酷な環境の下、隊員の方々は、高い意識で活動に取り組んでいましたが、当時の任務は自衛隊が持つ能力、士気の高さを十二分に活かすものだったのか、派遣した政府、そして政治の側には真摯に検証する義務があると思います。この点について、どのように評価、検証し、その後の自衛隊の海外派遣に活かされたのか、官房長官にお答え頂きたいと思います。
  
カンボジアにPKOを派遣したときのコストは、防衛省の負担分が104億8千万円、また内閣府の負担が14.7億円で、合計119・5億円と報告されています。イラクにおける自衛隊の活動は、予算執行実績ベースでは陸上自衛隊737億円、海上自衛隊5億円、航空自衛隊226億円、合計970億円とのことです。しかし、政府の報告書にはその内訳は詳細に示されておらず、対費用効果についても記されていません。この点については検証されたのかどうか、財務大臣、お答えください。

今後の自衛隊の海外派遣、さらに日本政府の平和への取り組みを進化させる上で、今からでも過去の自衛隊の海外派遣について検証し、評価、課題を明確にすることが必要だと私は考えていますが、この点について、官房長官、および防衛大臣の見解をいただきたいと思います。

 カンボジアにおいては、日本政府が簡易補修をした国道二号線、三号線などは自衛隊が撤退し、最初の雨季が終わった後にはもう多くの穴が開いており、通行に支障をきたしていました。現地では、日本の自衛隊は撤退したときに道路まで持って帰ってしまった、とも言われていました。どうして日本は世界最高レベルの技術を持っているのに、こうなってしまったのか。現地の方々からは何度も尋ねられました。出発前の任務を途中で変えることは極めて難しいと思いますが、状況の変化、ニーズの変化に対応すべく途中で方針を調整することはできないのか、今後のためにも検討して頂きたいと思います。外務大臣、如何でしょうか?

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。