記事

電波の割り当ては競売方式・オークションにかけるべきだという民主党の電波改正法案を否決

本日、午前中に政府提出の電波法改正案を衆議院総務委員会で否決した。

内容は45億円の電波使用料を、現在アナログ方式の市町村の消防・防災無線をデジタル化するための補助金として使うための法律改正だ。

これに対して民主党はこの改正に賛成しつつも、電波の周波数の割り当てそのものをオークションにするべきだとの修正案を出した。

しかし、この方式をとれば周波数の落札額が高騰し、利用者の負担が増加するなどの問題があり否決された。

電波周波数のオークションを否決するかわりに民主党は帯決議をしてくれとの申し入れ。

結局、「競売」については「総合的に検討を行う」との付帯決議をつけるとようやく今朝になり合意。

付帯決議は党幹部の決裁が必要。案文を持って、幹事長、総務会長、政調会長、国対委員長を追いかけ決裁をもらう。
これも総務委員会理事の役割りのひとつだ。

あわせて読みたい

「電波オークション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。