記事

「100年に一度」の後始末 ~FRBは新たな方策か~ - 長谷川公敏

「100年に一度」と言われるような経済・金融の大きなショックが発生した場合、経済や金融活動の担い手である民間部門は、膨大なリスク(負債・損失)を抱え身動きが取れなくなるため、政府部門が民間部門のリスクを一旦肩代わりせざるを得ない。ただこのリスクは、最終的には再び民間部門に返すことになる。

政府部門から民間部門へのリスクの返し方には、「増税」や政府の負債が実質的に軽くなる「インフレ」などがあり、1929年の大恐慌では戦後の大インフレにより政府部門の負債が清算された。今回のリーマンショックでも、戦後ほどの大インフレは論外だが、やや高めのインフレにより、時間をかけて政府部門の負債を清算すると考えられている。

ただ、増税はもとより、経済実勢を上回るインフレも国民の痛みを伴うものであり、できれば回避したいものだ。

■米国のこれまでの経緯


リーマンショック後、大恐慌の時や1990年代以降の日本のようなデフレになることを恐れ、FRBは直ちに超金融緩和政策を実施し、米政府は金融機関への公的資本注入や大規模な景気対策も実施した。

その後、米経済はデフレを免れ回復基調にあるもののインフレの兆候は全く見られず、このままでは政府部門の負債を清算するのは難しいのではないかと思われる状況になっている。


■新たな清算方法か


政府部門の負債の清算方法には「増税」や「インフレ」のほかに「第三の道」があるのかもしれない。FRBと米政府は、「超金融緩和→ドル安&資産価格上昇→景気回復→税収増」による政府部門の負債の清算を目論んでいるのではないか。

デフレに陥っていなければ、FRBが実施している未曾有の超金融緩和策は高インフレに繋がる可能性が高い。だが、FRBは通常は利息が付かない当座預金に高めの利息を付け、供給した資金をFRB内にとどめて資金が市中に溢れないようにすることで、極めて低い水準に市場金利を保ちながら、高インフレを防いでいるのではないか。

これは、超金融緩和によるドル安&資産価格上昇で、増税や高インフレを伴わずに政府負債の軽減を図るという、国民に痛みを感じさせない金融政策だと思われる。

ただ、この政策を成功させるためには、ドルが「過度に安い」と思われるような水準に保たれ、株価などの資産価格が「バブルではないか」と思われるような水準まで上がる必要がある。そして、そのためにバーナンキFRB議長は「当座預金への付利」を継続し、「株価バブル」を否定し続けなければならないだろう。蛇足だが、新生日本銀行もこの方策を熟知しているようだ。



--- 長谷川公敏((株)第一生命経済研究所 代表取締役社長)

あわせて読みたい

「金融緩和」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。