記事

1-3月期GDP統計1次QEは個人消費がけん引して年率+3.5%の高成長!

1/2

本日、内閣府から今年1-3月期のGDP速報、エコノミストの業界で1次QEと呼ばれている経済指標が公表されました。統計のヘッドラインである実質成長率は、個人消費がけん引して前期比+0.9%、前期比年率+3.5%の高成長を記録しました。かなり長くなりますが、まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

1-3月GDP、年率3.5%増 個人消費・輸出けん引

内閣府が16日発表した2013年1-3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増、年率換算で3.5%増となった。株高による消費者心理の改善で自動車を中心に個人消費が伸びたほか、米国向けを中心に輸出が4四半期ぶりにプラスに転じた。景気のけん引役が、公共事業から民需と輸出に移りつつある。

甘利明経済財政・再生相は16日の会見で「個人消費を中心に安倍晋三政権の経済政策の効果が表れ始めている」と語った。そのうえで、14年4月の消費税率の引き上げに向けて「経済環境を整えるスタートを切れた」と述べた。日本経済は昨秋に底を打ったとみられ、持ち直しが続いている。

成長率は民間エコノミストの予想平均(2.8%増)を上回った。輸出が想定よりも好調だったため。生活実感に近い名目成長率は0.4%、年率で1.5%だった。

実質GDPの前期比の増減にどれだけ貢献したかを示す寄与度は、輸出から輸入を差し引いた外需が0.4%分と最も大きく民間需要は0.3%分。公的需要は0.2%分だった。

実質成長率を主要項目別に見ると、個人消費が0.9%増。消費者心理の改善や新型車の投入、エコカー補助金の打ち切りに伴う反動減の一服で自動車が大きく伸びたほか、外食、娯楽、衣服も好調だった。「押し上げの相当部分は株高による資産効果で説明できる」(内閣府幹部)という。住宅投資は消費増税前の駆け込みもあって1.9%伸びた。

輸出は3.8%増と、4四半期ぶりにプラスに転じた。欧州やアジア向けは不振だったが、米国向けの自動車が好調だったことが主因だ。

設備投資は0.7%減と5四半期連続のマイナス。産業機械が落ち込んだが、経営者心理の改善で自動車や建設資材向けの投資が持ち直した。減少率は1四半期連続で縮小し、下げ止まりの兆しが出てきた。

公共投資は0.8%増と、増加率は4四半期連続で落ち込んだ。建設資材や人材の不足が続いているうえ、大型補正予算による押し上げ効果が本格化する前だったため。

総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは前年同期比マイナス1.2%。マイナス幅は5四半期ぶりの大きさだった。控除項目の輸入デフレーターが円安の影響で上昇したことが主因だ。

同時公表した12年度の実質GDPは1.2%増と3年度連続のプラスとなった。内需がけん引して11年度の0.2%増から大きく伸びた。名目GDPは0.3%増だった。デフレ基調の継続で、15年度連続で実質値を下回る「名実逆転」となった。

ということで、いつもの通り、とても適確にいろんなことが取りまとめられた記事なんですが、次に、GDPコンポーネントごとの成長率や寄与度を表示したテーブルは以下の通りです。基本は、雇用者報酬を含めて季節調整済み実質系列の前期比をパーセント表示したものですが、表示の通り、名目GDPは実質ではなく名目ですし、GDPデフレータと内需デフレータだけは季節調整済み系列の前期比ではなく、伝統に従って季節調整していない原系列の前年同期比となっています。

また、項目にアスタリスクを付して、数字がカッコに入っている民間在庫と内需寄与度・外需寄与度は前期比成長率に対する寄与度表示となっています。もちろん、計数には正確を期しているつもりですが、タイプミスもあり得ますので、データの完全性は無保証です。正確な計数は自己責任で最初にお示しした内閣府のリンクからお願いします。

需要項目2012

1-3
2012

4-6
2012

7-9
2012

10-12
2013

1-3
国内総生産GDP+1.3▲0.2▲0.9+0.3+0.9
民間消費+0.8+0.2▲0.4+0.4+0.9
民間住宅▲1.5+2.3+1.5+3.5+1.9
民間設備▲2.4▲0.3▲3.3▲1.5▲0.7
民間在庫 *(+0.5)(▲0.5)(+0.1)(▲0.1)(▲0.2)
公的需要+2.4+1.5+1.0+1.1+0.6
内需寄与度 *(+1.2)(+0.1)(▲0.3)(+0.3)(+0.5)
外需寄与度 *(+0.1)(▲0.3)(▲0.6)(▲0.1)(+0.4)
輸出+2.7▲0.0▲4.4▲2.9+3.8
輸入+2.0+1.8▲0.3▲2.2+1.0
国内総所得GDI+1.0▲0.1▲0.6+0.3+0.4
国民総所得GNI+1.0+0.1▲0.7+0.4+0.4
名目GDP+1.2▲0.6▲1.0+0.1+0.4
雇用者報酬▲0.1▲0.2+0.6▲0.4+0.5
GDPデフレータ▲1.0▲1.0▲0.8▲0.7▲1.2
内需デフレータ▲0.2▲0.7▲1.0▲0.8▲0.9

あわせて読みたい

「景気」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。