記事

コンピューター将棋には人間にあわせてバッテリーか何かの制約をもたせるべきでは?

高いレベルの人間同士の勝負というのは、「ミスをしないこと」が雌雄を決する。つまり、人間という基本構造が同じ者同士が、体力、技能、精神力、頭脳等を高めることで「ほんのちょっと他者より抜きん出る」ことにこそ価値があるんだと思う。

それに対して、コンピューター将棋は計算リソースも電力にも制約がないのは不平等だと思う。お腹すかないし、眠くもならないなら、能力の劣化要素がないじゃんか。

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】
一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか

コンピュータープログラムのロジックがしょぼいとか、バグがあるからというのは、コンピューター技術側の都合でしかない。それを高めることについては、コンピューターの進化にとっては価値はあると思うが、人間との勝負の文脈に持ち込む必要はない。

十分に進化したコンピュータープログラムであれば、人間同士のかけっこの勝負の世界に、F-1の車を持ち込んで勝負をするようなものだ。

コンピューター将棋も最初はミニ四駆だったかもしれないが、今は確実に人間は抜ける自動車レベルにはなってるらしい。ここでのポイントは、人間はどんなに早く走る訓練をしてもF-1にはなれないが、コンピューターはミニ四駆からF-1カーに進化できるということ。その前提で考えないと、文脈の違う勝負に人間が傷つくのは的外れだと思うし、再現性の勝負でコンピューターに勝てると思ってるならそれは慢心ではないだろうか。

そもそも心理的に戦いに影響しない「仕掛け」に人間が価値を見出してしまうのは人間らしい話だが、コンピューターにとっては計算結果の一つでしかない。

コンピューター将棋も、人間とやるのではなくコンピューター将棋同士、バッテリーや計算リソースに制約を持たせて、そのルールの中で戦うのであれば、実質、コントロールする技術者同士の技術力の戦いになって楽しいかもしれない。CPUが正しい計算をするという部分は平等な上で、プログラムやハードウエアの勝負になるからだ。

ゲームの原点が、もし戦争に起因するものであれば、常に電力が提供されるというのは、そもそもありえない状況のハズなので、電力に制約を持たせて、その範囲で戦うというのは理にかなってると思う。逆に人間をスタンドアロンのモバイルコンピューターとみなせば、コンセントにつないで、常にフルパワーを発揮し続けることはできないのだから、そこはあわせようよ。

それはさておき、人間による競技者が本当にコンピューターに恐れを抱くのは、コンピューター同士じゃないとできない面白い競技が出来た時かもしれないね。手塚治虫や松本零士の世界みたいだけどね。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  10. 10

    クルーズ船は「ウイルス培養器」

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。