記事

成功している人は、「必要」なことを「早く」提供している人

5月25日に公開される体脂肪計タニタの社員食堂という映画のプロデュースをしている、齋藤雅代さんと昨日の講演でご一緒しました。齋藤さんは、新しい資金調達の方法を模索して、映画業界に新風を巻き起こそうとしています。今回手がけた映画にも、従来の映画業界には無い斬新な工夫がたくさんほどこされているようです。

昨日の講演は、そんな齋藤さんに続いて、富裕層向けの資産運用の方法について、お話させていただいたのですが、熊本や大阪、名古屋といった遠隔地からもお集まりいただき、参加者の意識の高さが印象的でした。ビジネスで成功を収めている方ばかりだったのですが、お話していてこちらが逆に教えられることが多々ありました。

その中で改めて認識したのは

成功している人は、周囲が必要としていることを、早く提供している人だ

ということでした。うまくいっている人に共通しているのは、周りに価値提供そスピーディにしている人ばかりなのです。

考えてみれば当たり前のことですが、これが実践できる人はなかなかいないものです。価値といってもそんなに大きなものでなくて良く、小さなことでも良いからとにかく、すぐに提供する。これがうまくいっている人の共通点だと感じました。

相手が今何を求めているかを瞬時に察知して、それに対して今の自分ができることを考え、すぐにそれを提供する。そんなことを繰り返しているうちに、周りの人から頼りになる人として認められるようになってきます。その信頼が、他の人との結びつきのご縁になって、人脈を広げていくという成功のスパイラルです。

例えば、

お店でワインのグラスを倒してしまった人がいたら、その場にいたらどうするか?
初めての講演会に人が集まらなくて困っている友人がいたら、どうするか?
どうしても行きたいコンサートのチケットが取れない知り合いがいたらどうするか?
・・・

人が誰かに何かをやってもらう時は、少しでも「早い」方が喜ばれるということです。特に困っている時に、すぐに助けてくれる人というのは本当にありがたいもので、そのことはずっと忘れないものです。

打算的に助けるのではなく、本当に相手のことを考えて、「必要」なことを見つける。そして自分にできることを100%提供する。それもスピーディーに。

自分を振り返るとそんな域にはまったく到達できていませんが、「必要」と「早く」というキーワードを常に忘れないようにするだけで、毎日の生活が変わるのではないか。そんな気付きを得ることができました。

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。