記事

ラテンアメリカの時代?!

連日のラテンアメリカセミナー。今日はディビッドロックフェラー・ラテンアメリカ研究所主催のもの。講師はGuillermo Perry前コロンビア蔵相。昨日は前チリ蔵相。二人ともアメリカの名門大学で経済学博士号とっている猛者。新興国のリーダーはインテリが多い。

彼の指摘でおもしろかったのは、ラテンアメリカ経済と最も相関が高いのは中国経済であるという点。中国からの資本流入と中国への輸出がラテンアメリカの経済のエンジンだという。主に中国からの投資は商品市場に向かっている。

中でも、中国は世界の石油10%、大豆21%、銅27%を、南米への投資を中心に抑えている。これらの商品価格の上昇がラテンアメリカの経済成長の源泉である。中国やインドという巨大な人口を持つ国家が常識を超えた長期の経済成長を果たしていることが、ラテンアメリカの経済に好影響を与えていると。

ラテンアメリカ諸国の輸出先は中国が欧州を超えアメリカに近づく。輸出先のシェアでは、中国19%、米国28%、欧州17%となっている。

もちろん、他にも成長要因はある。それはラテンアメリカのの人口動態だ。15歳から60歳までの労働力人口層が今後20年以上増加傾向にある。労働力を市場に供給できる。その後は、先進国同様高齢化に陥る予測だが。

Perry教授が指摘した最後の成長要因は、世界にあふれる過剰流動性。これが、ラテンアメリカの商品市場や株式市場、不動産市場に流れ込んで空前の資金増を引き起こしている。今後のラテンアメリカ経済を占う上でのカギはこの3つがどう動くか。前蔵相である教授は以下のように分析。もちろん、3つすべて予想通りにはいかないだろうとの条件付きだが。

1・中国
アップダウンはあるだろうが、10年以上は経済成長が持続されるだろう
2・流動性
欧州財政問題、中国経済のリバランス、アメリカでのインフレ傾向、この3つに左右される。これが一番見通しが不透明。
3・人口動態
これが最も予見できる。後、20年は大丈夫。

よって、今後10年はラテンアメリカの経済は紆余曲折はあるが、チャンスであると。

リーマンショックの影響を最も回避できた地域の一つがラテンアメリカだ。常に、金融危機に陥っていたので、今までの経験から学んだという。

為替危機にもラテンアメリカは免疫を持つと教授は分析。それは外貨準備の蓄積が多いから。商品市場高騰のおかげで、過去にない規模での、蓄積が各国にある。

課題は生産性の低さ。特にGDPの大部分を占めるサービス産業の生産性が低い。日本と同じだ。これはこの分野が国際競争にさらされないから。

そして、教育制度にも問題がある。国民の教育格差が大きく、またトップ大学でも研究部門が弱く、イノベーションを引き起こせない。

加えて企業形態。ラテンアメリカ各国では、資源や商品を背景にしたグローバルな超大企業家か零細企業しかない。イノベーションの担い手である中堅企業が存在しないという。

公共インフラの劣悪さや政府の徴税機能の秘策や政治や行政の腐敗も課題として挙げられた。

私は手を挙げて、「課題解決のためには域内経済統合が効果的ではないか?アジアでは、近隣諸国間での競争と役割分担が全体レベルの底上げにつながった。いわゆる自然な形での経済統合だ。ラテンアメリカも地域経済統合を進めるべきではないか。中国に依存しすぎもリスク高いのではないか?」と質問。

Perry前蔵相は、「まさにその通りだ。経済統合に関しては、現在ラテンアメリカは最悪の状況だ。隣国同士の不信と不通が加速している。まさに一番の課題だ。アジアのように海で隔てられている方が、南米のように陸続きより近隣関係はましなのかもしれない。」と答えた。

アジアでの近隣憎悪など南米に比べたらまだ相当ましなのかもしれない。

その上での、コロンビア前蔵相による将来性ランキングは;
1・チリ、ウルグアイ、コスタリカ
2・ブラジル、コロンビア
3・ペルー、メキシコ、
4・アルゼンチン
5・ヴェネズエラ、ニカラグア、ボリビア、エクアドル
だという。

さてどうかな?

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。