記事

『朝日新聞』の「特集」が如何にも朝日新聞的だった事

 『朝日新聞』がシリーズで掲載している「敵がいる」を見ていろいろ思うところがあったので、これについて少し。

1 「敵がいる」特集

 因みにシリーズ名を最初に紹介しておくと以下のとおりとなっております。

 在日攻撃 牙をむく言葉(敵がいる:1)(4/28)
 「北朝鮮」触れられぬ空気(敵がいる:2)(4/29)
 沖縄攻撃 ゆがみ増幅(敵がいる:3)(4/30)
 監視強まる生活保護(敵がいる:4)(5/1)
 「加害者を潰せ」正義暴走(敵がいる:5)(5/2)

 如何にも『朝日新聞』といった感じの記事となっておりますので、是非時間のある方はお読みいただければと思います。大きくまとめてしまうと「在日」「北朝鮮」「加害者」など、「敵」にされた者に対する「攻撃」が日本社会で、見られるがこれで良いのかという記事です。

2 「敵」の存在

 昔から良くある手法ですが、仲間の団結のために一番手っ取り早いのが「敵」を作ることです。そして、仮に組織(団体)にいろいろの問題があったとしても、「敵」がいる以上、「敵」に対する対応が第一となり、組織に対する批判なども抑えることができます。

 斯様にこうした手法にはいろいろ問題があるわけで、例えば女子柔道で体罰問題が起こった時、自分たち執行部の責任を棚上げし、全日本柔道連盟の役員がこうした困難な状況を勝手に「敵」として、いすわりを決めたことなど、こうした手法はどこにでもあります。

 そういう意味で私も「敵」をつくる手法は好みません。そして「敵」にされた者がどれだけ苦労するかという話です。

3 大津市のいじめ事件

 そういう意味で最も典型的なのが、特集の「5」で、私もこれまで何度か意見を述べさせてもらっている(日本の「いじめ」(大津市の「いじめ」事件より))大津市の「いじめ」事件に関連して起こった事件についての記事です。

 この事案は、確かにかなりひどく、加害者の母親と名字が同じだったというだけで、誹謗中傷を受けた方の例が挙げられております。「正義」の「暴走」と言われてもおかしくない事案で、自分たちは「正しい」という信念のもとにかなりひどい攻撃を受けられた様です。

 結果、誤解に基づく誹謗中傷だったわけで、こうした行為がどうかというのもよくわかります。しかし、私が思ったのはこれを『朝日新聞』が言うかという所です。

 ある事件が起こると集中砲火的な報道をしたり、犯人が逮捕されただけで有罪が確定したかのような報道をしたり、あげくの果てには犯人の写真を間違って掲載するところもあったりで、他人のことをどういう言う前にまず自分達の態度どうにかすべきかと思います(ネットの影響力とマスコミの責任逃れ)。

4 在特会

 他にもいろいろ言いたいことはありますが、長くなってしまうので、一番最初の「在日」について述べさせてもらって終わりとします。これは以前にも少しとりあげてことのある(日本の「ネトウヨ」を中国紙が紹介するとこうなるという記事)「在特会」の行動を批判したものです。

 私自身も中国滞在時に「日本人」というだけでいろいろあったので、「韓国人」というだけで一概に排斥するような運動には賛成しかねます。しかし、『朝日新聞』の報道の仕方にもいろいろ疑問を感じざるを得ません。

 記事では、以前は運動に参加していながら、決別した人が例として挙げられていました。その人が決別する理由として以下のようなことが契機になったそうです。
 「ネットで都合よい情報ばかり集めては、身内でそうだそうだと盛り上がっていただけではないか」  

 立場の異なる人が書いた本を読んでみた。在日韓国・朝鮮人がなぜこの国にいるのか。歴史的な経緯を初めて知った。
 具体的に「立場の異なる人」とはどの様な人か記載されておりませんが、記事の感じから言って、第二次世界大戦中の「強制連行」などについて書かれている本を読んだのではないかと推測されます。

 私的には、これまで知らなかったのかと思うと共に、だったら、終戦後の「帰国運動」で帰国したはずの韓国(朝鮮)人が何故今もこれだけ日本にいるのかも考えてみるべきかと考えます(朝鮮王朝儀軌が日本にある理由)。

 斯様に考えるべき問題は多いのも関わらず、自分に都合の良い方向についてのみ報道するのは如何にも『朝日新聞』的で、私もこうした運動そのものには賛成できませんが、『朝日新聞』の様な報道の仕方にも賛成できません。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。