記事

AM2201、MAM-2201を麻薬に指定・続報

前記事でも伝えたように、これまで指定薬物として規制されてきた合成カンナビノイド2種が、4月26日付で麻薬に指定変更され、厚生労働省のサイトに、麻薬指定に関する情報が掲載されました。
同サイトには新たに、2物質が検出された製品例が写真入りで公開されていますが、先に公開されたものと比べて製品事例が増え、なかには、ごく最近出回っている製品も含まれています。
[参照]
厚生労働省サイト内の公表情報
①新たに2物質が麻薬に指定されます(注意喚起)(2013年4月26日)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/oshirase/dl/20130426-01.pdf
②AM2201検出製品
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/oshirase/dl/20130426-02.pdf
③MAM-2201検出製品
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/oshirase/dl/20130426-03.pdf

●業者の掲げる「規制対応」は当てにならない

2007年に指定薬物の制度が導入されて以来、脱法ドラッグ市場に次々と登場する新種の薬物への対策として、できるだけ速やかに指定薬物として規制を開始する方策がとられてきました。指定薬物に指定された成分は、この段階で流通しなくなり、わが国の脱法ドラッグ市場から退場することになるわけです。
しかし、なかには規制後もわが国の市場に出回ってしまうものもあります。指定薬物としての規制にもかかわらず市場にとどまり、ユーザーに健康被害をまき散らし続けるものに対しては、次の一手として麻薬への指定変更が行われることになります。昨年夏、JWH-018等4物質が指定薬物から麻薬に指定変更されたのを皮切りに、麻薬への変更が相次いでいますが、いずれも、指定薬物として規制された後も、わが国の脱法ドラッグ市場で流通が確認されたものだといいます。

新たな規制が行われるたびに、脱法ドラッグ販売業者は取扱う製品の一部を入れ替え、「第○世代」、「○月○日規制に完全対応」などとうたって販売をしています。ところが、「規制対応」を掲げて販売する製品中に、次々と規制されたはずの成分が検出され、その結果、こうして麻薬に格上げされるケースが相次いでいます。
販売業者がお題目のように掲げる「規制対応」の文言に、果たしてどれだけの信頼性があるかは、はなはだ疑わしい状況なのです。

市場規模の大きなアメリカでは、脱法ドラッグの製造業者や卸売業者のなかには、新製品を売り出す際には分析機関で成分分析をして、成分の証明書を発行する業者もあるといいます。ただし、この証明書の内容は、「本製品には規制薬物の成分である○○、××、△△・・・を含まないことを証明する。」といった内容で、肝心の含有成分は明らかにされていないのですが。
日本では、脱法ドラッグの成分分析をしてくれる民間の分析機関が限られることもあり、こうした証明書を発行する例を見聞きしたことはありません。米国から輸入されている製品が出回っているのをよくみかけますが、これだって、正規の卸売業者から仕入れているとは限らず、インターネットを通じて個人輸入するなどの方法で、日本に流入しているものも少なくないでしょう。そもそも、販売している脱法ドラッグ製品の成分を把握している業者が、はたしてどれだけあるでしょうか。内容成分さえ把握していない業者が、いったい何を根拠に「規制対応」の表示を掲げているのか、不明です。

そのリスクを負わされるのは、ユーザーです。指定薬物の制度が主に業者の流通行為を規制するのに対し、麻薬の場合はユーザーなど一般人の所持や使用にまで厳しい規制が及び、違反者には懲役刑が科されます。入手した製品に麻薬が含まれているなら、それを持っているユーザーは、麻薬所持という重大な違法に問われることになってしまいかねないのです。

ユーザーの皆さん、販売業者が掲げる「規制対応」の宣伝文句には、ほとんど根拠がないという現実をどうか忘れないでください。

●指定薬物から麻薬へ指定変更されたもの

[合成カンナビノイド]
・JWH-018(2012年7月4日麻薬指定)
・カンナビシクロヘキサノール(2012年7月4日麻薬指定)
・JWH-073(2013年1月30日麻薬指定)
・JWH-122(2013年1月30日麻薬指定)
・AM2201(2013年4月26日麻薬指定)
・MAM-2201 2013年4月26日麻薬指定) 
[カチノン類]
・MDPV(2012年7月4日麻薬指定)
・4-メチルメトカチノン(メフェドロン)(2012年7月4日麻薬指定)
・エトカチノン(2013年1月30日麻薬指定)
・α-PVP(2013年1月30日麻薬指定)
[その他]
・PMMA(2013年1月30日麻薬指定)
・5-MeO-DALT(2013年1月30日麻薬指定)
・2C-I 、2C-T-2、2C-T-4(2007年2月に指定薬物、同年12月に麻薬)
*なお、上記のほかに脱法ドラッグとして出回っていたNヒドロキシMDMAが2008年に麻薬に指定されている。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    共産党が即位の礼に反対する理由

    畠山和也

  3. 3

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  4. 4

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  5. 5

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    患者の希望つけこむトンデモ医療

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。