記事

20世紀型リーダーシップ、21世紀型リーダーシップ

ある学生と、リーダーシップについて語り合いました。

20世紀型のリーダーシップ

リーダーシップには2つのパターンがあります。

まずは20世紀型のリーダーシップ。このリーダーの特徴は、

・お金で人を縛る
・上限関係を演出するため、厳格な命令を与える
・創意工夫は求めない
・命令に違反した際は、罰則を与える

なんてところが特徴になります。裏返しとして、ここで働く人たちには、

・言うことを聞いてさえいれば、お金はもらえる
・命令を守る
・創意工夫はしない
・命令違反をしないよう、注意する

なんて規律・文化が求められます。ちょうどイメージ的にはチャップリンの「モダン・タイムス」における労働スタイルが当てはまるでしょう。チャップリンたちは、工場長の命令に忠実に、それこそ機械のように働いています。

リンク先を見る モダン・タイムス (2枚組) [DVD]
posted with カエレバ
チャールズ・チャップリン
紀伊國屋書店
2011-04-28 Amazon
楽天市場 価格.com


21世紀型リーダーシップ

対して、これからの時代のリーダーシップは、次のような特徴で形容できます。

・お金で人を縛らない。極論、お金を出さずに人を働かせることができる
・フラットな関係性を演出するため、極力命令は与えない
・常に創意工夫を促す
・罰則は与えない。よく選別した上で人を巻き込むので、罰則を与えなければいけない場面には陥らない

一方で、働く人には次のような規範・文化が求められます。

・お金は必要だが、お金のために働かない
・判断力を用いて、命令なしで動く
・常に創意工夫する
・自分に合った「文化」を持つ職場に参加する

こちらの事例としては、自由でユーモラスな社風で有名なザッポスなんかが象徴的でしょう。書籍「ザッポスの奇跡」からは、新しいリーダーシップの実践を読み解くことができます。

リンク先を見る ザッポスの奇跡(改訂版)~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~
posted with ヨメレバ
石塚 しのぶ
廣済堂出版
2010-12-21 Amazon
Kindle 楽天ブックス


家入さん率いるLivertyからも、21世紀型のリーダーシップを垣間みることができます。まさにここは、お金で人を縛らない組織です。

リンク先を見る お金が教えてくれること ~マイクロ起業で自由に生きる~
posted with ヨメレバ
家入 一真
大和書房
2013-02-16 Amazon
Kindle 楽天ブックス

もう一点重要なのは、21世紀においては労働者に対してもリーダーシップが求められるということです。

「自らが発見した問題」を組織的に解決するためには、能動的に人を巻き込んでいくことが求められるからです。たとえば労働者が「このプロジェクトのここがおかしい!」と気づき、創意工夫をして、チームに改善プランを提出するとき、彼は「人を巻き込むリーダー」でもあるわけです。リーダーシップがなければ、チームの決済を改善プランが通ることはありません。

柳内社長が語るように、これからは「年収100万円と年収1億円」の労働者に分かれていくのでしょう。この格差の源泉となるのは、まさにリーダーシップのスタイルだと思います。20世紀的なリーダー・労働者は年収100万に近づいていき、21世紀的なリーダー・労働者は下方圧力から逃れやすくなります。

というわけで、みなさんの職場は、どちらのリーダーシップが見られていますか?みなさん自身は、どちらのリーダーシップを備えていますか?ぜひ考えてみてください。

あわせて読みたい

「リーダーシップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。