記事

黒田バズーカと新興国株式の関係って、どうなのよ?

2/2


鉄鉱石の輸出などを通じて中国経済との連想で語られることの多いブラジルも、上の実質信用成長率のグラフで見たように、ムチャな事はやっていません。だから株式市場の参加者は、これを不服としている(笑)

リンク先を見る

インドの場合、実はこっそりとゆるゆるにしている。(上の実質信用成長率のグラフが、最近、ぴくんとuptickしている点に、注目)

だから去年あたりからインドの株式市場のパフォは、中国やブラジルより良い。

リンク先を見る

で、僕はこの騰がり方はロー・クウォリティなラリーだと思っています。

下は新興国の実質政策金利のグラフです。これは政策金利からインフレ率(過去2年間のローリング・アベレージを使っていると思います)を引き算したもの。

リンク先を見る

インドの場合、明らかにガードが甘い。

もっとも、詰めが甘いという話をすれば、ユルフンな金利政策をしている国は、他にも沢山ある(笑)

南アやトルコなんてその例だし、タイランドも最近、ディシプリンに欠ける面がチラホラ出ている。このところ人気のフィリピンも、この面では危なっかしいと思います。

で、株式市場のパフォを見ると、そういうユルフンな国ほど、パフォが良い(笑)

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

もちろん、今は世界的インフレになるリスクは低いわけだけど、若しインフレになったら、このへんの国はイチコロでオダブツでしょ。

マーケットのトレンドは、簡単にはリバースしないので、アセアンはじめとした非BRICs新興国のアウトパフォーマンスは、しばらく続くのかも知れません。

でも投資家としてわきまえておくべきことは、去年くらいまではアセアン諸国の金融・財政政策は手堅かったけど、今はだんだんペケになっているということ。

その意味ではむしろBRICsの方がちゃんとしています。

あわせて読みたい

「BRICs」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  4. 4

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。