記事

黒田バズーカと新興国株式の関係って、どうなのよ?

1/2
黒田バズーカの号砲を聞いて、投資家は先ず日本株になだれ込んでいます。これは、当然。

理屈で考えると、その次にターゲットにされるべき資産は米国財務省証券あたりでしょう。

アマノジャクの僕としてはイタリア国債なんかもセクスィだと思っている……

このへんまではMarket Hackに書いてきたわけだけど、「黒田バズーカと新興国株式の関係って、どうなのよ?」という事が気になる人も多いと思うのデス。

そこで今日はこの点に関して僕の私見を述べます。

まず新興国の債券や株式は、機関投資家にとってメインのアセットクラスではありません。
だからザ・セイホがいきなりここへ資産を移したりは、しない。

その第一の理由は受け皿が小さすぎるからです。

でも日本の個人投資家のカネの一部は新興国の債券ファンドや株式ファンドに流れてもおかしくないと思っています。

下は国際通貨基金が最近発表した『世界金融安定報告書』の中にある、リスク・アセスメントのダイヤグラムです。

リンク先を見る

前回の報告書に比べて、投資家のリスクアペタイト(Risk appetite)と金融・財政政策(Monetary and financial)面でのリスクは増大しています。

その半面、新興国(Emerging markets)のリスクは前回より減っているし、IMFの6つのリスク分類のうちでは、マーケット&リクイディティ・リスクと並んで、最もリスクが低いという査定になっています。

これには色んな理由があるけれど、乱暴な言い方をすれば一般に新興国の金融・財政政策の方が先進国の曲撃ち(shooting from the hip)的な政策(=黒田バズーカは、その典型)より、ずっと手堅いことが関係しています。

リーマンショックの直後に中国政府は「世界を救うのは、オレだっ!」式の中二病的なノリで既に余っているインフラ投資を、更に上乗せし、金融を緩めるという明らかな愚策に出たことは皆さんの記億に新しいと思います。

それ以降、中国は悔い改めています。下のグラフにあるように、今はムチャなことは、やっていません。

リンク先を見る

強いて言えば投資家との間で利回りを「握る」、信託商品(Trust loans)の野放図な拡大に、手を焼いている点だけが、不安要因です。

リンク先を見る

でも、それ以外はマトモ。

で、アル中状態の世界の投資家は、そういうシラフな中国は「おもしろくない」として嫌っているわけです。だから中国を代表するETF、アイシェアーズFTSEチャイナETF(FXI)も鳴かず飛ばず。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「BRICs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。