記事

靖国神社参拝は当然のこと

23日、「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」が近年珍しく168議員で参拝した。中でも麻生副総理兼財務相ら3人の閣僚が参加したことで、またぞろ中国や韓国が硬化し、がたがた「いちゃもん」をつけてきた。

日中友好議員連盟の高村自民党の副総裁は、中国側からの連絡で5月訪問を中止した。韓国は今週末予定していた尹外相の訪日を中止し、日本を非難している。厭なら行くな!いやなら来るな!・・で、はっきり言って日本に痛痒はない。

国内でも左翼系文化人とやら、訳の分からない連中が批判し、マスコミではいつものように朝日新聞は、「なぜ火種をまくのか」と社説で批判し、「高い支持率で緊張感が薄れているのではないか」と的外れなことを書いている。

大体、朝日新聞は、昭和60年、中曽根総理が参拝したことについて、「中国が問題視している」と批判記事を書いた。しかし、その時に中国からは抗議は無く、後に社会党議員訪中の時、初めて問題視する発言となった。何のことはない中国に抗議するよう「たきつけた」のは日本のマスコミであったのだ。

1998年、江沢民が「歴史観を武器にして対日圧力を高めよ」と指揮して以来、この国は日本への攻勢を強めてきた。中国の教科書の日本批判の記述など目に余るほどである。

自国の問題から不満だらけの国民の目を、「日本けしからん」の合唱で転じさせようとする姑息な政治手法であることは言うまでもない。

然し、その度に、日本は卑屈なくらいの自虐的対応を続けてきた。鳩山元首相など最たるもので、ただ、相手を調子付かせるだけで、何の効果も無いばかりか、いたずらに日本の国益が侵されてきたのであった。

はっきりいって、靖国参拝問題を取り上げ因縁をつける国は、南北朝鮮と中国の3ヶ国に過ぎない。あまり知られていないが、今日まで靖国神社を公式参拝した国はアメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、台湾など、各国元首を含めかなりの数にのぼっているのだ。

「いかなる国家も、その国の為に命を捧げた国民に対し敬意を払う権利と義務がある」、これは各国共通の認識だからである。

いわゆるA級戦犯が祀られたのは戦後33年経った1978年の事である。連合国側の勝者の判断によって断罪されたのが、いわゆる戦犯だが、この方たちは国内法的に戦争犯罪人では決してないのだ。

靖国神社は、幕末の戊辰戦争の戦没者を祀る「招魂社」としてスタートし、明治12年靖国神社と改称し、以来、殉国者をまつる神社として大東亜戦争まで英霊246万柱がまつられている。

戦犯1000名が合祀されている靖国神社を参拝することは、軍国主義の復活を意図しているなどと言うが、一体誰がそんなことを考えているというのか、言いがかりも甚だしいと怒りを覚える。

台湾生まれで、評論家として高名な黄文雄氏は「捏造された昭和史」の中で日本と中国との決定的な違いは、世界観や死生観だと書き、次のように記述している。

大体、儒教精神とは、基本的に、目には目を歯には歯を、の報復主義だが、日本人には「山川草木悉皆成仏」の思想があり、これが神道の「習合」と「水に流す」という崇高にして寛容な精神と重なって生まれたのが「護国神社」と「靖国神社」である。

死者に鞭打つという大陸文化に対して、死者に寛容といたわりをもって考える日本の文化、これを認めようとしない中国は独善的である。

国交がある以上、近隣国家の国政や文化、教育を尊重するのは、現代国家として最も基本的な姿勢であり、常識であり、礼儀である。それを何かにかこつけていちいちくちばしをはさんでくるとは、国家としてとるべき態度ではない。

信仰の自由さえ知らず、他国の文化を尊重しない国など相手にする必要などない。


私も、まったくの至言だと思う。

「第1次内閣の時、参拝できなかったことは痛恨の極みだ」とまで予算委員会で語った安倍首相だが、それでも配慮して供え物「真榊」(まさかき)の奉納でとどめた。しかし、何の効果も無かった。やっぱり何をやっても相手は国策なのだから変わる筈がないのである。

今、北朝鮮の脅威に対処する為に、日中韓の結束が大事なのに、これでは日本の安全は守れないと言う人がいたが、それは中韓も同じこと、むしろ一番の危機を迎えているのは韓国ではないか。

日本は平和国家を首肯し、その考えは揺るぎない。毅然とした政治姿勢を貫くことこそ、世界の信頼を得る道だと私は思っている。

あわせて読みたい

「靖国神社」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  10. 10

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。