記事

「当たり前を疑う。」1日6時間労働導入の狙い。-スタートトゥデイ×サイボウズ、型破りな人事制度に込めた想いとは?(後編)

1/4
画像を見る

スタートトゥデイ本社エントランスでは、6時間労働のイメージキャラクター「ろくじろう」と記念撮影ができる

日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ。「1日6時間労働」をはじめ生産性やワークライフバランスの向上を目指した人事施策を導入している同社の想像戦略室室長の梅澤孝之氏および社長室室長の篠田ますみ氏と、「選択型人事制度」など新しい働き方を試みているサイボウズの事業支援本部副本部長の中根弓佳が意見を交わす現場リーダー対談の後編です。前編では、従業員同士を親友のようにするための施策を中心に伺いました。後編では、1日6時間労働の実態や制度の根底にある文化や理念に迫ります。

ボーナスは均等。基本給は一緒。点数による人事考課もなし。


画像を見る

スタートトゥデイさんでは、ボーナスが全員同額で、勤続年数や成果に関係なく均等に支給していると伺いました。非常に驚いたんですけれども、社員の方から、「成果に見合っていない」とか、「あの人は自分よりも仕事をしていないのに同額なのはなぜか」等の不平不満は出ないんですか?

画像を見る

それが出ないんですよね。競争より和や絆を重視する当社の企業風土あってのことだと思います。当社では、「ボーナスは全員の努力で得た成果を全員でシェアする副産物」と考えています。良い成果が出たのは、特定の個人が頑張ったからではなく、みんながそれぞれの持ち場で頑張ったから、という意識が浸透しているんですね。

画像を見る

当社ではそもそも、基本給は全員同額なんですよ。その上に役職に応じて役職給がつくという給与体系です。ボーナスは基本給にかけて算出しますから、均等に支給できるという背景があります。役職給は部署が違っても同額。だから私と梅澤は、給料もボーナスも同額です。

リンク先を見る

基本給、ボーナスは全員同額のスタートトゥデイ。競争より和や絆を重視する企業風土がベースにあるという。

画像を見る

徹底されていますね。さらに、御社では点数による人事考課もないと聞いています。具体的にはどういうことなのですか?

画像を見る

一般的な会社では、半年に1回くらい人事考課がありますよね。うちは上司の判断により、毎月、昇格昇給が可能な仕組みになっています。 我々も以前は、半年に一度、通知表みたいなもので点数による人事考課を行なっていたんです。でも結局、「その点数の根拠って何?」という話になるんですよね。それよりも上司が普段から部下としっかりコミュニケーションをとり、その人の成長度合いを常に把握することが大事。管理するのではなく、自分の行動で伝えていく。それがスタッフのモチベーション向上にもつながります。

正直、点数で人事考課を行なっていた時は、考課の評価項目に合わせて行動するという面もあったと思うんですよ。例えば、「挨拶」という評価項目があったとしたら、それが本当に必要だと感じるからやるのではなく、考課に影響するからやる、という感じで。そういう点をもう一度見直そうと。

画像を見る

人事考課がないから社員を見ていない、ではない。項目・点数にとらわれずに、その人自身の成長をしっかり見て評価しようということですよね。

画像を見る

おっしゃるとおりです。それが「自然な働き方」を生むのかなと思います。売上目標なども当然立てますが、それを達成したから評価するというわけではない。あくまでそのプロセスの中でのアクションや、周りの人に及ぼした影響力という部分で評価します。

画像を見る

ベースとして「みんなで」という考え方があるんですね。そこもサイボウズと似ているところがあります。当社も以前、成果主義がもてはやされた頃に、社員の評価に相対評価を導入したことがあったんです。でも、そうすると社員の半分の給料は上がるが、残り半分は上がらない、となり、チームで成果を出すことより自分だけの評価を高く見せようとするようになる。結果、一体感が希薄化し、絶対評価に変えました。

一時は離職率が28%でしたが最終的には「チームワークの向上に貢献するという当社の考え方に共感してくれる人が集まり、多様な働き方の許容(後述)もあってか、今は離職率4%と低くなっています。

画像を見る

それも、試行錯誤の積み重ねがあってのことですよね。離職率がそれだけ低いというのは、社員の皆さんが環境に満足して、幸せに働いていることの証明だと思います。

当たり前を疑う。1日6時間労働導入の狙い。

画像を見る

では続いていよいよ、御社の人事施策で最近、最も話題になっている「1日6時間労働」について伺いたいと思います。御社では2012年の5月から、昼休みをとらずに9時から15時まで働き、そこで仕事を切り上げて帰っていい、ということにしているんですよね。まず、この制度を始めたきっかけは?

画像を見る

そもそも代表の前澤自身が、日本の労働基準法で定められている1日8時間労働に疑問を持っていたんです。「それって当たり前なのか?人間、本当に集中して仕事をできるのはせいぜい3~4時間程度じゃないのか?」と、事あるごとに言っていて。

画像を見る

おっしゃるとおりですね(笑)

画像を見る

そこで、いったん極限まで労働時間を短縮し、短い時間でも生産性を落とさず効率よく仕事ができるスタイルを確立しよう、となったわけです。我々想像戦略室でスタッフにヒアリングを行い、その結果、短縮するといっても現状では6時間がギリギリかなということで、6時間労働を導入しました。

画像を見る

実際、6時間で仕事は終わるものなんですか?

画像を見る

正直、非常にチャレンジングな制度なので、完全に根付くのはまだまだこれからかなと。ただ、定時に帰っている人ももちろんたくさんいます。

あわせて読みたい

「スタートトゥデイ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  7. 7

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  8. 8

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。