記事

『二重らせん』 時代をつくり続けるワトソンとDNA-中村桂子 

1/2

昨年のノーベル医学・生理学賞は、京都大学の山中伸弥教授に授与されました。受賞理由は、「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」です。受精卵は分裂を重ね、体全体を作れます。一方、腸細胞、皮膚細胞などはそれぞれの役割がきまっており、それ以外の細胞にはなれません。

 受精卵細胞から体細胞に変わる間に何が起きているのだろう。山中教授は、この間にはたらきを失った遺伝子を外から加えたら元に戻るのではないかと考えたのです。大胆な発想です。賭けです。多くの研究者の予想に反して、たった四つの遺伝子で皮膚細胞は万能性をとり戻しました。すばらしい。ノーベル賞受賞は時間の問題でした。

 日本人によるこの賞の受賞は1987年の利根川進MIT教授以来で、二人目です。利根川教授の受賞理由は、「多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明」でした。体内へ侵入する外敵は百万種を越すと言われ、しかもいつ何が入ってくるかわかりません。その一つ一つに対応するのが免疫細胞です。

 遺伝子は2万数千個しかないのに、どうやって多様な外来因子に対応するのか。利根川教授の答えは、遺伝子がさまざまに組み換えて多様性を出すというものでした。当時は、遺伝子は変わらないと信じられていたので、驚きでした。

 利根川、山中両教授共「DNAのはたらき」を通して生きものの持つ柔軟性をみごとに示しました。つまり、人間をも含む生きものの研究は、今やDNA抜きでは語れないのです(これはDNAですべてがきまっているという話ではないことを念のためお断りします)。

生きもののもつDNA(ゲノムと呼ぶ)は種に特異的です。たとえば、人間について知りたいと思えば、ヒトに特有な性質、ヒトへの進化の過程、病気や老いの原因など、さまざまな生命現象をゲノムを通して調べます。生物学、医学はもちろん、人類学、考古学、薬学、農学などなど、およそ生物の関わる学問すべてにDNAが入りこんでいます。

 しかし、これが研究されるようになったのは最近です。1953年、米国人J.D.ワトソンと英国人F.クリックという二人の若者がその二重らせん構造を発見したことが端緒です。ある物質を知るには、その構造を知る必要がありますが、構造決定が20世紀最大の発見とも言われる業績となり、科学のありようまで変えるとは意外なことでした。

 一つの論文で、まったく無名だった25歳(ワトソン)と37歳(クリック)の若者は、一躍有名になります。クリックは、「ワトソンとクリックがDNA構造をつくったのではなく、その構造がワトソンとクリックをつくった」とまで言っています。

二重らせん』(講談社ブルーバックス)は、副題に「DNAの構造を発見した科学者の記録」とあるように、当事者が研究の経緯を率直に書いた興味深い本です。

 今では、科学者も普通の人間であり、成果の陰にさまざまな駆引きがあるのはあたりまえと受け止められるようになりました。しかし、当時は科学者と言えば偉人伝という時代でしたから、これはかなりの反響を呼びました。生存者の実名ドラマ、しかも正直ジムと言われる著者が思いをそのまま書いているのですから。科学者を人間として描くきっかけを作ったという点でも画期的な本です。

 DNA二重らせんは、A、T、G、Cと表記される(詳細は省略)四種の塩基が、必ずAとT、GとCという対を作って並んでいるのが特徴です。ワトソンとクリックは論文に、「われわれが仮定した特異的塩基対は、ただちに遺伝物質の複製の仕方についての、ある可能な機構を示唆するものであることは、むろん、われわれ自身気づいているところである」と書きました。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。