記事

なぜ山本太郎や室井佑月「安全主義」が政策上無視されるのか?

 最近俳優の山本太郎氏が福島の子どもたちの疎開を呼び掛けたり、室井佑月が福島の子どもたちの給食に福島産の野菜を使うべきでないと発言。ネットでは賛意が相次いでいるが、実際には政策の選択肢の俎上にも上っていないのが実情だ。この温度差は何であろうか?

 昨日までの政局においても、福島の子どもたちを皆殺しにしようとしている菅政権に憤りを訴える意見をネットでは多く見かけたが、実際に菅降ろしをする勢力が「安全主義」を採用する気配がある訳でもない。実施には社民党や共産党ですらこの意見を採用しておらず、政治的には俎上にさえないのだ。

 なぜ世論で一定の支持がある意見を政治が無視するのか、よく考える必要がある。

 安全主義を阻害する要素について、私は以下の原因を考える。

1.風評被害や住民の減少するリスクを避けたい。(地方自治体・地元政治家)

2.賠償の対象を拡大したくない。(東電・財務省)

3.原子力発電を維持したい

もっとも大きな原因を山本太郎氏も安全主義を支持する人も理解していないのではないか。2や3を原因にしてしまい、福島県民は騙されているという図式にしてしまう。だから政治の問題だとしてしまいがちである。福島県には中央政府や原子力利権に無関係に、安全主義を受け入れがたい事由が存在し、その影響が最も大きいからではなかろうか。

厚生労働省の茶葉の検査を静岡県知事が拒否したように、とにかく生産地ではネガティブな情報を拡散させないことに注力する。地元住民も消費者であるにもかかわらず、地方政治には生産者の声が拡大して影響力を誇示するものである。

 疎開政策に関しては、被災地は被災者が県外に避難し、そこで就業した場合、人口減少が恒久化することを懸念している。被災者の郷土愛も自治体が被災者を県内に抱え込む政策を支持する温床となっている。被災者を無償で受け入れようといろいろな自治体が名乗りを上げたが、応募者が少ないのが現状である。

 政府は2の考えの影響を受けているのは事実だが、財政規律派でない政治家なら意見を聞いてくれる訳ではない。政治家も1の影響を多大に受けている。地元の地方議員が1のスタンスを取る限り、地元選出の国会議員は1の考えに拘束される。社民党や共産党ですら安全主義を受け入れられないのはそのためだ。

どうしたら受け入れられるかは、かなり難しい問題である。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  5. 5

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  8. 8

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  9. 9

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  10. 10

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。