記事

病気の家族の代わりに本を借りにきた人に本を貸し出せるか

そもそも図書館について、言いたいことがある、とこの前書いた。

2001年(平成13年)頃だったと思う。
当時、僕は長崎県で暮らしていた。

僕の一家は図書館のヘビーユーザーで、週末によく大量に本を借りていた。借りようとしたものがないときは予約して借りていた。

あるとき、図書館から電話がきて、僕の連れ合いが予約していた本が入ったという連絡を受けた。ところがその日、彼女は所用があって行くことができなかった。そこで僕が代わりに取りに行くことにした。本人ではないので、念のため、貸出カードだけでなく委任状を作って図書館に行った。

もう、おわかりだろう。 僕は本の貸出を拒否された。
理由は「本人ではない」から。

「本の貸出は個人に関わる重要な情報ですから」というのが担当者の説明だった。貸出に関する規則も見せてくれた。そこには確かに代理が来た場合の規定はなかった。この担当者とその上司の人たちは説明責任を果たそうとしていた。そこは評価したい。

「本の貸出は個人に関わる重要な情報」
もちろんそれはその通り。だからこそ僕は委任状を持ってきたのだが。

不思議なことには、本を返すときには誰が返してもいいらしい。
これがまたわからない。
「返却のときには確認をしませんから」と担当者は言ったが、本の「貸出」は個人に関わる重要な情報だが、「返却」は違う、というのが理解できない。

こうも尋ねてみた。
「本人が病気で入院しているときに本を借りたいという場合はどうなるのでしょうか?」
「今回は病気ですか?」
「いいえ。用事です。」
「ではちょっとねえ。」

病気ならいいのだろうか。用事ではダメで。でも病気ならいい、とは規則には書いてない。
結局、僕はもやもやした気持ちのまま帰らざるを得なかった。

来月、佐賀市嘉瀬町に新しく佐賀県医療センター好生館がオープンする。そこには県立図書館の分室があり、入院患者の方に手軽に本を読んでいただくことができるようになる。
都道府県立図書館の分室が病院内に設けられるのは、全国でも初めてだ。入院している患者さんが少しでも明るい気持ちになれるように、という思い、また、地域の方の使えるスペースに、という思いでこのサテライトを設置することにした。

ところでこのサテライト(もちろん、本館も)、貸出も返却も、代理OKです。委任状なしで。

あわせて読みたい

「武雄市図書館」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。