記事

「やまもといちろう×イケダハヤト対談」を私なりに語ってみる

1/2

ヤバい経営学

唐突だが、前評判も非常に高く、実際に読み始めた人たちの書評を見ても軒並み高評価だったこともあって発売と同時に早々に購入した、『ヤバい経営学』*1は本当に面白かった。タイトルの印象から、斜に構えた、ビジネスの隙間を扱った本ではないかとの印象を持つ人も少なくないようだが、実際に読んでみるとエンターテインメントとしての面白さがあるだけではなく非常に奥深い。しかも、裏付けのある実証データに基づいているというだけあって、説得力もある。文句なくおすすめの一冊だと思う。

ハイブリッドな文章

せっかくなので、書評を書いておこうと思い立って取りかかっている最中に、ブロガー(プロブロガーと自称)のイケダハヤト氏と、これも有名ブロガーで投資家のやまもといちろう氏の対談の模様(ニコニコ生放送およびテキストのレポート)が入って来て、これがまた非常に面白くて感じるところがあるので、思わずそちらの方も気になって集中できないでいたのだが、ちょうどその二つの接点となり、またがっている問題について書けるように思えて来た。何だかよくわからないハイブリッドな文章になる恐れがあるが、『ブログは思うがままに書いて推敲はしない」というイケダ氏にちょっと習って、私も思うがままに書いてみようと思う。

やまもといちろう×イケダハヤト - 2013/04/12 19:00開始 - ニコニコ生放送

【随時更新】やまもといちろう ×イケダハヤトの #ブログ論争 書き起こし - NAVER まとめ

人を動かすには

すっかり袋だたきになっている感じのイケダ氏だが、確かに批判されてしかたのないツボというか、姿勢が際立っているので、本人の真意がどの辺にあるかは別として、怒ったり嫌ったりする人が沢山いるのもやむなかろうと思う。若干主旨が違うのだが、『人に好かれる』という観点では今でも世界中から参照されているデール・カーネギーの『人を動かす』*2によれば、人を動かしたり、好かれるためには原則があるという。イケダ氏の普段の言動はこの原則の真反対と思われることが多いのは確かだろう。

人を動かす三原則
•批判も非難もしない。苦情も言わない。
•率直で、誠実な評価を与える。
•強い欲求を起こさせる。

人に好かれる六原則 •誠実な関心を寄せる。
•笑顔で接する。
•名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。
•聞き手にまわる。
•相手の関心を見抜いて話題にする。
•重要感を与える - 誠意を込めて。

人を動かす - Wikipedia
日本であろうと、米国であろうと、あるいは、欧州でもアジアでも、およそビジネスでの成功の原則として一番普遍的なものをあげるとすれば、『人を動かす』ことだろう。このカーネギーの世界的ベストセラーが最初に出版されたのは1937年だが、もう古臭くてインターネット時代にはお蔵入りになるのかといえば、まったくそうではなくて、これからまさに人の評価が貨幣以上に重要な価値になると言われるようにさえなってきた。

イケダ氏の真意は・・

そんなことが理解できないイケダ氏ではないだろうから、それでも、人に嫌われ、ブログが炎上してもやるべきことがあるということになる。今回の対談では、同調圧力が強くて発言したくても黙ってしまわざるをえない、日本の現状に風穴をあけたいという主旨の発言があった。要は、『言いたいことがあれば恐れずに言えばいい。自分(イケダ氏)は発言で人を怒らせてブログが炎上しても、大きな企業に所属していなくても、ノマドとして独立独歩でちゃんと生きている。』と言いたいのだろう。ノマドについては、もう一歩前に出ている感じで、日本人の大半が何らかの組織に所属していて『社畜化』している現状を嘆き、そんな組織に縛られず、脱社畜化(ノマド化)すべきと従前から述べている。

イケダ氏に同情できる点

この点については、私も多分にイケダ氏に同情する一人ではある。イケダ氏は日本の大企業での勤務経験があるという。そして、その企業では、同調圧力が強くてものも言えず、個人の自由は圧殺され、単に昔からやってきたというだけの不合理な制度や慣習だらけだったのだろう。そして、彼がそんな企業を飛び出て、インターネットで発言してみれば、何とインターネット言論界隈でさえ、日本企業と同種の空気重視と同調圧力が支配していることに愕然としたのだろう。私自身、過去何度かその問題は取り上げて語って来たし、おそらく日本の企業勤務経験という点だけで言えば、多少履歴が長い私から見ても、昨今、腐臭が漂ってくるような雰囲気になってしまった日本企業はすごく多いことは確かだ。

あわせて読みたい

「やまもといちろう×イケダハヤト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

  3. 3

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  4. 4

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  6. 6

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  7. 7

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  8. 8

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  10. 10

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。