記事

株価はバブルの予兆

日経の記者と情報交換していると、「電力株が上がってる」と教えてもらった。残念ながら電力株は保有していないので気づかなかったが、調べると確かに上がっている。それも、東電でさえ。

これは最近気づいていたのだが、TOPIX(東証株価指数)の上昇率の方が日経平均よりも高くなっている。今まで冴えなかつた銘柄、いわゆる出遅れ株が上がっているのだなと思っていた。「どんな出遅れ株が上がってるのか」と調べればいいのだが、自分のポートフォリオの入れ替えの時間もない(日中に証券会社に連絡する時間がない)状態だから、じっくり調べる時間なんて到底ない。

で、本題だ。東電以外の電力会社は電気料金の値上げさえ認めてもらえれば一息つく。原発の再稼働も話題になっている。何とか配当が可能な状態に戻るか、それを維持できる。ということで、出遅れ株として買われても不思議ではない。僕自身、「買うの」と問われれば、「買わない」だが。「買わない」と思う理由は次のとおり。

かつての利益水準に戻る十分な値上げは認めてもらえないし、原発を稼働させるには追加の投資が必要となる。そもそも電力会社の給与水準が下がり、監督官庁から無理難題を突きつけられる可能性の高い業種になったから、優秀な人材が入社しなくなる。今いる優秀な人材もチャンスがあれば転職するだろう。こう考えると、現在の電力会社の未来は明るくない。

一方、東電はといえば、出遅れ株でもなく、さらに劣る銘柄である。福島原発の廃炉のための費用や賠償を考えると、いつ復配できるのかまったく不明である。かつての日本航空のように、どこかで今ある東電が消え、新たに東電(新東電)をしつらえ、再生を図ろうとの政策が登場しても不思議でない。

ということで、3月末から始まった株価の上昇は正気の投資とは思えない。ボロ株をオモチャにしているとの見方も成立するだろうが、結果としてこの3日間は暴騰である。市場全体の浮かれたムード、つまりバブルの走りと考えた方が正しいように思う。

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。