記事

やまもといちろう×イケダハヤト対談イベントの、ニコ生中継が実施できることが決まりました。追加チケットと二次会のチケットも販売中ですので興味がある方は是非どうぞ。

 

すっかり、前回のやまもといちろう×イケダハヤト対談イベント概要告知から間が空いてしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

リンク先を見る 

 私は週末にできた口内炎が悪化して、このまま金曜日を迎えると妙に無口なモデレーターという体になってしまいそうでビビっておりますが。
 12日金曜日に開催する予定の「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」について、いくつかアップデートがありますので共有させて頂きます。

■ライブ中継について
 会場を調整いただいた現代ビジネスさんの瀬尾傑さんのご協力で当日のニコ生中継も実施できることが確定しました。
 当日会場に来られない方は、こちらのチャンネルでご覧ください。
 http://ch.nicovideo.jp/gendai

リンク先を見る

 有料会員向けチャンネルですが、今回、無料でライブ配信をして頂く予定です
 また、当日環境に問題なければUstream配信も検討する予定です
 http://www.ustream.tv/channel/agilemedia


■追加チケットの販売について
 チケットの販売については、一週間も経たずに440枚が売れてしまったので一旦締め切っていましたが、当日券として若干数追加販売を開始しました。
 申込みそびれていた方は、こちらで購入をお願いします
 なお、これ以上に追加販売はありません。当日券の販売もありませんのでご理解下さい。

■取材等のご依頼について
 メディア向けの取材席等はご用意しておりません。
 ただし、チケット自体は通常通り購入頂ければ、イベントの内容自体は、ライブ中継もすることですし、自由に取材・写真撮影・録画等して頂いて結構です。
 個人運営のイベントになりますので、メディア受付等の特別対応ができないことをご了承頂ければ幸いです。 

■二次会チケットの販売について
 一部の方からのご要望に基づき、二次会の開催をセッティングさせて頂きました。
 こちらは参加を希望される人数次第で、10~50名程度での開催を想定しています。
 金曜日の夜ですし、別件の無い方はよろしければご参加下さい。
 
やまもといちろう×イケダハヤト対談イベントの二次会


 当日がどのような進行になるのか、イベント企画側の私にも全く想像できない状態ですが、ご参加頂いた皆さんにはお楽しみ頂けるように努力したいと思いますので、当日はよろしくお願い致します。

あわせて読みたい

「やまもといちろう×イケダハヤト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。