記事

診療現場からの情報1|脱法ドラッグと健康被害

最近、薬物依存の治療現場では、脱法ドラッグが原因で診療を求める患者が増え、また救急診療の現場でも、脱法ドラッグによる急性中毒患者の診療例が急増していると聞きます。いま、様々な医療分野の学会では、脱法ドラッグ関連症状の治療に関する報告や講演が行われ、日本の医療現場でも、脱法ドラッグに関する知見が集まり始めているようです。やがて、医療現場から発信された多彩な情報が、私たちの手の届くところにも提供され始めることでしょう。

埼玉県の精神保健福祉センターが刊行している「精神保健福祉だより」№79(平成25年3月号)に、「脱法ドラッグの理解と対応について」という記事が掲載されています。執筆されたのは、埼玉県立精神医療センターの成瀬暢也医師です。

リンク先を見る
↑「精神保健福祉だより」№79 表紙

埼玉県立精神医療センターでは、2011年後半から、脱法ドラッグ乱用による問題で新たに受診する患者が急激に増加しました。2011年6月から2013年1月までのおよそ1年半の期間に、成瀬医師が診察した脱法ドラッグ乱用による問題での新規外来受診例は46例、薬物関連の新規外来患者の25.1%にのぼり、その後も増え続けているといいます。

急性症状のポイントは、激しい攻撃性、幻覚妄想、意識障害など。しかし、脱法ドラッグといっても、使用した薬物によって症状は多種多様です。急性中毒症状が重篤で生命の危険があるような場合にも、医療現場で使われる尿検査キットでは薬物が判定できず、使用した薬物成分が特定しにくいことが、治療を困難にさせていると著者は指摘しています。そもそも、精神症状が薬物によるものなのか、他の原因なのかもわからないのです。

記事中には、典型的な男性患者3例の事例報告(プライバシー保護のため一部改変)があります。軽い気持ちで脱法ドラッグを使い始め、やがて使用頻度がどんどん増え、急性錯乱状態を起こすようになって医療保護入院した例、大麻の代わりにハーブを使い始め、やがてパウダーに変えてから衝動的な暴力などが続き、医療保護入院したケース、また覚せい剤依存症で入院治療を繰り返していた男性が、知人に勧められて脱法ドラッグを使い始め、激しい幻覚妄想状態となって110番通報されて措置入したという事例も紹介されています。いずれも、急性期を脱した後に引き続き依存症治療プログラムに参加し、断薬を続けているということです。

依存症の治療においては、脱法ドラッグと覚せい剤などの薬物使用障害の治療とは、とくに変わることはありませんが、覚せい剤と異なり「捕まらない」ことから、脱法ドラッグでは断薬の動機づけが難しいといいます。
精神科臨床において、急性錯乱状態、幻覚妄想状態などで救急場面に登場する例は増えており、依存症専門外来への受診者も急増している現状をみると、残念ながら、今後も脱法ドラッグ問題は続くことが予想されると、この記事は結んでいます。

[参照]
埼玉県サイト内>精神保健福祉だよりNo.79
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/tayori79.html

あわせて読みたい

「危険ドラッグ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。